このページの本文へ

LIXIL、既存玄関ドアに後付けできる電動オープナーシステム「DOAC」

2020年07月07日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LIXILは7月7日、既存の玄関ドアに後付けできる玄関ドア用電動オープナーシステム「DOAC」を発表。8月3日より先行受注を開始、9月1日に発売する。

 リモコンで鍵の施錠・解錠、ドアの自動開閉が可能。リモコンを持っていなくても鍵を解錠して玄関ドアを軽く動かすだけで全開位置まで自動で開くオートアシスト機能を搭載、玄関ドアを閉めると自動的に施錠するオートロック機能付き。挟まれ検知機能で、異常な接触を感知したらドアの動作を停止するほか、リモコンを持っていない時や電池切れや停電時でも鍵を使って手動でドアを開閉できる。

 設置は同社の専門店スタッフが対応。コンセントの増設とサムターン(鍵)の交換、ドアクローザーの交換という設置工事のため、リフォームは1日で済むため取り付けたその日から利用可能。

 価格はロック2つの「DOAC 2 ロックセット」が26万1800円、ロック1つの「DOAC 1 ロックセット」が22万8800円(いずれも取付設置費などは別途必要)。また、追加リモコン(6600円)もオプションで用意される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン