このページの本文へ

アスキー的パソコン大解剖 ― 第89回

第10世代Coreと第3世代Ryzenで組むコスパ最強の自作PC-倶楽部情報局

2020年07月06日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「第10世代Coreと第3世代Ryzenで組むコスパ最強の自作PC」を紹介します。


第10世代Coreプロセッサーが発売され
ますます競争が激化するインテルとAMD

 長らくインテルの圧倒的帝国っぷりだったが、Ryzenが登場して以降、AMDがシェアを拡大して比肩するに至った。この状態は「Athlon 64 X2」以来のような気がするのだが、ともあれ拮抗状態になると、とくにボリュームゾーンにおいてコストパフォーマンスのいいCPUが投入されがちであり、いまがまさにその瞬間となっている。

 そのため、急ぎミドルクラスのPCが必要になったり、4世代ほど前の環境から最新環境に変更したりするに、ちょうどいいタイミングだ。そこで、とにかくコスパが高いお買い得な自作PCを約10万円で作っていこう。

コスパの高いパーツのみを集めてPCを自作する

第10世代Coreと第3世代Ryzen
狙うは2万5000円前後で買えるミドルレンジ

 コスパ最強PCを自作するにあたり、まず最初に選ぶのがCPUだ。ハイエンドになるほど性能は良くなるがコスパは低くなるので、狙うはミドルレンジクラスだ。インテルならCore i5、AMDならRyzen 5が該当する。

第10世代Coreラインナップ
製品名 詳細 実売価格
Core i9-10900K (3.7GHz) 10コア(20スレッド) 7万2000円
Core i9-10900 (2.8GHz) 10コア(20スレッド) 6万5000円
Core i9-10900F (2.8GHz) 10コア(20スレッド), GPU非搭載 6万1000円
Core i9-10900T (1.9GHz) バルク品 10コア(20スレッド) 6万3000円
Core i7-10700K (3.8GHz) 8コア(16スレッド) 5万6000円
Core i7-10700KF (3.8GHz) 8コア(16スレッド), GPU非搭載 5万1000円
Core i7-10700 (2.9GHz) 8コア(16スレッド) 4万8000円
Core i7-10700F (2.9GHz) 8コア(16スレッド), GPU非搭載 4万3000円
Core i7-10700T (2.0GHz) バルク品 8コア(16スレッド) 4万6000円
Core i5-10600 (3.3GHz) 6コア(12スレッド) 3万2000円
Core i5-10500 (3.1GHz) 6コア(12スレッド) 2万9000円
Core i5-10400 (2.9GHz) 6コア(12スレッド) 2万5000円
Core i5-10400F (2.9GHz) 6コア(12スレッド), GPU非搭載 2万2000円
Core i3-10320 (3.8GHz) 4コア(8スレッド) 2万2500円
Core i3-10300 (3.7GHz) 4コア(8スレッド) 2万1500円
Core i3-10100 (3.6GHz) 4コア(8スレッド) 1万7500円
第3世代Ryzenラインナップ
製品名 詳細 実売価格
Ryzen 9 3950X (3.5GHz) 16コア(32スレッド) 9万9000円
Ryzen 9 3900X (3.8GHz) 12コア(24スレッド) 6万500円
Ryzen 7 3800X (3.9GHz) 8コア(16スレッド) 4万7000円
Ryzen 7 3700X (3.6GHz) 8コア(16スレッド) 3万9600円
Ryzen 5 3600X (3.8GHz) 6コア(12スレッド) 3万円
Ryzen 5 3600 (3.6GHz) 6コア(12スレッド) 2万5000円
Ryzen 5 3500 (3.6GHz) 6コア(6スレッド) 1万6000円
Ryzen 3 3100 (3.6GHz) 4コア(8スレッド) 1万3000円

※価格は6月22日店頭調べ。価格や在庫は常に変動しています。ご注文、ご購入の前に必ずショップで最新情報をご確認下さい。

 PCを組む時の目安として、CPUにかけるコストの割合を多くても全予算のおよそ30%まで、できれば25%までにしておかないと、他のパーツとのバランスが悪くなる。予算が10万円とした場合、最高3万円、理想は2万5000円となる。

 この予算内に収まるモデルを選ぶと、インテルはCore i5-10500とCore i5-10400、AMDはRyzen 5 3600XとRyzen 5 3600に絞られる。実際、これらのモデルは秋葉原でもよく売れており、最上位モデルの次に完売することが多い。

2020年5月27日に発売された第10世代Core。Ryzenの躍進を食い止めようとインテルが猛追を始めた

第3世代Ryzenが発売された2019年7月7日は、雨にもかかわらず多くの自作マニアが秋葉原に駆けつけた

 では、これらの4製品のなかから選ぶとするとどれだろうか? 今回作る自作PCは、ゲームから動画配信まであらゆる作業をこなせる万能PCを目指している。そうなるとビデオカードも必要になってくる。そちらにも予算を振ることを考えると、CPUは2万5000円前後に収めたいところだ。


 続きは「第10世代Coreと第3世代Ryzenで組むコスパ最強の自作PC」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1295(2020年8月11日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1294(2020年8月4日発行)

  • 週刊アスキー No.1293(2020年7月28日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2020August

  • 週刊アスキー No.1292(2020年7月21日発行)

  • 週刊アスキー No.1291(2020年7月14日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事