このページの本文へ

小型タイプを片手に取り付けられるオプションパーツも販売

1次元/2次元コードを読み取れるBluetoothコードリーダー、サンワから

2020年07月06日 15時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BCR-BT2D1BK

BCR-BT2D2BK

 サンワサプライは7月6日、1次元コードと2次元コードの読み取りが可能なBluetoothコードリーダー2製品「BCR-BT2D1BK」と「BCR-BT2D2BK」を発売した。

 両製品とも、JANコードやEANなどの1次元コードと、QRコードやPDF417などの2次元コードを読み取れるコードリーダー。ケーブルが邪魔にならないワイヤレス接続で、Bluetoothでパソコンにデータを送信する。読み取り速度は30フレーム/秒で、リアルタイムで読み取ったコードデータを確認可能。また、1.2mからの落下に耐える耐衝撃性も備え、落下を防止するストラップも付属する。

BCR-BT2D1BK

 BCR-BT2D1BKは、握りやすいハンディータイプ。クレードルのUSBコネクターをパソコンに接続して、裏面のバーコードを3つスキャンするとペアリングできる。バッテリー容量は800mAhで、連続使用時間は約2~3時間、満充電時の動作目安は1万回。また、本体を立てて充電できるクレードルが付属する。

 雨の中でも使用できる防塵防水規格IP42も備え、屋外でも安心して使用できるとする。屋外環境での通信範囲は70~100m、読み取り深度はUPC-A(13mil)/320mm。対応機種はWindows搭載パソコンとMacシリーズ。対応OSはWindows 7/8/8.1/10、macOS 10.12~10.15、OS X 10.8~10.11。サイズ/重さは、およそ幅175×奥行き65×高さ90mm/およそ165g。

BCR-BT2D2BK

 BCR-BT2D2BKは、およそ幅100×奥行き43×高さ27mmの小型タイプ。USBドングルレシーバーをパソコンに接続して使用する。Bluetooth対応機器であればスマホやタブレットでも使用可能。

 本体には日本語表記のディスプレーを備え、接続手順や読み取ったコードを確認しながら操作可能。本体にはメモリーも内蔵し、読み取ったコードを保存してまとめてパソコンなどに送信できる。バッテリー容量は900mAhで、動作目安は1万回。USBケーブルを使ってパソコンから充電できる。

 屋外環境での通信範囲は70~100m、読み取り震度はCode 39(20mil)/600mm。対応機種はWindows搭載パソコン、Macシリーズ、iPhoneやiPadなどのスマホ、タブレット。対応OSはWindows 7/8/8.1/10、macOS 10.12~10.15、OS X 10.8~10.11、Android 5~9、iOS 9~13、iPadOS 13。

 そのほか、BCR-BT2D2BKを片手に装着できるようになるオプションパーツ「BCR-BT2D2OP」も販売する。ハンドベルト、ホルダー、リングボタンのセット。BCR-BT2D2OPを使うことで、コードリーダーを握る手が空き、さらにコードリーダーを持ったり置いたりする手間も省けるため効率よくスキャン作業ができるようになるとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン