このページの本文へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第29回

Kontinum K100

Astell&KernのアイリバーCEOが退社して新会社設立、テスラの大容量バッテリー搭載の新DAPとは?

2020年07月06日 13時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “ヘッドフォン祭”にも度々顔を見せ、日本でもおなじみだった韓国アイリバーの元CEO、ジェームズ・リー氏が、同社の退社後に新たに“Kontinum”という、デジタルオーディオプレーヤーのブランドを立ち上げた。アイリバーは、Astell&Kernブランドを展開しており、その責任者として活躍した人物だ。

K100

ジェームズ・リー氏

 その第1弾として紹介されているのが「K100」というDAPだ。K100は前から見ると、大型の5インチ液晶画面と物理キーによる操作を兼ね備えている普通のDAPのように見える。しかし背面を見るとスリムなボディの底部に丸い膨らみがあって、そこに取り外し可能のバッテリーが格納されている。これが大きな特徴である。

 このバッテリーは、単3乾電池などではなく、“テスラ21700”充電池というものだ。この電池は、電気自動車で有名なテスラが、新型車のバッテリーとして開発したもので、高出力と信頼性が期待できるという。デジタルオーディオプレーヤーは、高い消費電力が持続して必要となり、熱源にも近いため、リチウム電池の劣化が早いとのこと。もちろん21700は日本市場でも交換品が容易に入手出来る。

訂正とお詫び:リチウムイオン充電池の種類を21700に修正しました。(2020年7月6日)

 ヘッドホン端子は3.5mmとバランス駆動用の2.5mm4極端子を持つ。K100はシングルエンド4.0Vrms、バランス8.0Vrmsの高出力なアンプを持つが、この新型電池は4900mAhの容量があり、8時間の連続再生が可能だ。充電は本体に電池を格納したまま、USB経由で5V/2A対応の電源で行う。

 K100はハイエンドクラスのDAPで、DACはAK4479EQをデュアル搭載しているので、高い性能が期待できる。OSはAndroidをカスタマイズしたもので、APKファイルのインストールも可能なので、Spotifyなどのストリーミングにも対応できるだろう。また、Wi-Fiがあるので、ワイヤレスでファームアップができる。

 内臓メモリーは128GBで、microSDカードスロットが1基搭載されている。Bluetoothにも対応して、USB DACにもなるなど一般的な機能はだいたい装備されている。重量は295gなので十分にポータブルDAPとして持ち運べるだろう。

 価格はおおよそだが1500ドル前後(約16万1500円)を予定しているそうだ。日本での販売については未定とのことだが、なかなか興味ある新機種と言えるだろう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン