• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「Fnatic」が設立したゲーミングデバイスメーカー

アスク、「Fnatic Gear」が贈るゲーミングマウスやキーボード、マウス6製品を7月16日に発売開始

2020年07月02日 18時30分更新

文● ASCII

 アスクは7月2日、英国「Fnatic Gear」製ゲーミングデバイスとなる、ゲーミングマウス「FLICK 2」「CLUTCH 2」、ゲーミングキーボード「miniSTREAK US」シリーズ3製品、ゲーミングヘッドセット「REACT」の計6製品を発表した。Fnatic Gearは、世界各地でさまざまなプロeスポーツチームを持つ「Fnatic」が設立したゲーミングデバイスメーカー。

FLICK 2

CLUTCH 2

 FLICK 2とCLUTCH 2は、長時間のセッションでも快適さを提供するというプログレードの有線式ゲーミングマウス。プロゲーマーのアドバイスを受けて設計された両製品は、最適なセンサーや形状、操作性を失わないグリップを兼ね備えている。

 テクスチャード加工のラバーサイドグリップにより、長時間使用しても快適な操作性を維持できる。軽量設計ボディーに加え、FLICK 2は両手でも使用できる左右対称デザイン、CLUTCH 2は右利き用デザインを採用。いずれもかぶせ持ちとつかみ持ち両方のスタイルにフィットするという。そのほか、センサーの解像度やリフトオフディスタンス(LOD)、LEDカラーのカスタマイズができる専用コントロールソフトウェア「Fnatic OP」も利用できる。

 FLICK 2の本体サイズは約131×70.2×40mmで、重量は約93g。CLUTCH 2は131×66.2×43mmで、重量は97g。両製品ともに最大解像度は1万2000DPI、センサー方式はオプティカル、ボタン数は6個、ケーブル長は約1.8m、トラッキング速度は250IPS、ポーリングレートは1000Hz、インターフェースはUBSとなっている。両製品ともに発売時期は2020年7月16日で、予想市場価格は9900円前後。

miniSTREAK USシリーズ

 miniSTREAK USシリーズは、Cherry MX RGBキースイッチを採用し、快適性と携帯性を両立するテンキーレス英語配列のゲーミングキーボード。ケーブルの取り外しができる持ち運びを重視した構造を採用している。また、3段階で位置調整できるPUレザーのパームレストを付属するほか、Fnatic OPにより、RGBバックライトカラーやキーマッピングの設定が可能だ。「Cherry MX RGB Silent Red」「Cherry MX RGB Red」「Cherry MX RGB Brown」のキースイッチを搭載する3製品を用意している。

 miniSTREAK USシリーズの本体サイズは約360×142×36mm(パームレスト含まず)で、重量は約704g。キー配列は87キーの英語配列、インターフェースはUSB、レポートレートは1000Hzなど。3製品ともに発売時期は2020年7月16日で、予想市場価格は1万8700円前後。

REACT

 REACTは、eスポーツ向けに最適化された53mmドライバーユニットを搭載し、PCや家庭用ゲーム機などマルチデバイスに対応するゲーミングヘッドセット。クリアな音声を届ける大型カーディオイドマイクは、取り外しも可能なほか、フレキシブルなアームによって快適な位置に固定することもできる。そのほか、4極コンボジャックを採用した接続インターフェース、PC以外のゲームプラットフォームに対応する延長スプリッターケーブルを付属。

 REACTの再生周波数帯域は20~4万Hz、インピーダンスは23Ω、マイクは単一指向性(カーディオイド)、ケーブル長は約1.2m、インターフェースは3.5mmステレオミニプラグなどとなっている。発売時期は2020年7月16日で、予想市場価格は9900円前後。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう