このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ゲームにもコンテンツ制作にも不足なし!

13インチノートPC初の120Hz液晶を搭載!最強の13型ウルトラブック「Blade Stealth 13」

2020年07月08日 11時00分更新

文● 石川ひさよし

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 そもそも13型というスリム・モバイルノートPCはサイズ的、冷却的にCPUに統合されたGPU機能を利用するものがほとんど。しかしBlade Stealth 13はGeForce GTXグレードのGPUを搭載し、2020年前期の新モデルでは2019年後期モデルに対してGPUのグレードをひとつ引き上げてきた。実際、かなり多くのゲームタイトルが快適なフレームレートで楽しめる稀有な存在だ。まさに「ゲーミングウルトラブック」と言える。

最新CPU搭載モデルがGPUをアップグレードして登場

 Blade Stealth 13は同じ製品名で1年に1、2回、新モデルが投入されている。国内で6月26日にリリースされた最新のBlade Stealth 13は、CPUがCore i7-1065G7、GPUがGeForce GTX 1650 Tiを採用している。CPUとメモリは2019年後期モデルから継続だが、GeForce GTX 1650 Tiは2019年後期モデルのGeForce GTX 1650からアップグレードされている。GPUのグレードがひとつ引き上げられ、これまでのタイトルはより高いフレームレートで、加えて楽しめるゲームタイトルも増えることを意味している。

CPUはIntelの第10世代Core i7-1065G7。4コア8スレッドで10nmプロセス製造のIce Lake

GPUはCPUに統合されたIntel Iris Plus GraphicsとディスクリートのNVIDIA GeForce GTX 1650 Ti with Max-Q

 Blade Stealth 13のラインナップは二つあるがCPU&GPU&メモリのスペックは共通だ。そのほかが少し異なる。ひとつはフルHD&120Hzパネルの「RZ09-03102J22-R3J1」。もうひとつは4Kタッチ&60Hzの「RZ09-03102J52-R3J1」だ。フルHD&120Hzモデルは一般的な60Hzパネルの倍の画面書き換えを毎秒行なうことができる。いわゆるゲーミング液晶ディスプレイを搭載したウルトラブックだ。しかも、13型クラスで120Hzパネルを採用したのはBlade Stealth 13が世界初と言う。

 4Kタッチ&60Hzモデルはゲームはもちろんだが、実際のところGeForce GTX 1650 Tiで4Kゲームプレイはタイトルを選ぶ。ゲームはフルHDで楽しむのが現実的だが、一方で普段のアプリケーション、とくに2D/3Dグラフィックスや映像/静止画などコンテンツ制作系の用途では高性能なCPU&GPUの能力を余すことなく利用でき、かつウルトラブックなので取引先とのスムーズなコミュニケーションなどでも活躍できる製品だ。

 今回はRazerのメインターゲットと言えるゲーマーに向けて、フルHD&120Hzモデルを軸に紹介していこう。なお、記事では英語配列キーボードモデルでの紹介になるが、日本国内では日本語配列のみ発売される。

Blade Stealth 13のフルHD&120Hzモデル「RZ09-03102J22-R3J1」。※写真はテスト機のため英語配列のキーボードだが、国内で販売されるモデルがすべて日本語配列のキーボード。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン