このページの本文へ

ESSの最新DACとAKMのハイエンドDACを搭載

2種類のDAC搭載で音の違いを楽しめる、Astell&Kernの「A&futura SE200」

2020年06月26日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アユートは6月26日、Astell&Kernブランドのハイレゾオーディオプレーヤー「A&futura SE200」を発表した。「アキハバラe市場」での直販価格は23万9980円。合わせて、SE200専用のリアルレザーケース「A&futura SE200 Case」も1万3980円で販売する。発売は7月17日。

 DACチップにESS Technologyの最新DAC「ES9068AS」2基と旭化成エレクトロニクス(AKM)の「AK4499EQ」を搭載。2種類のDACを搭載したマルチDACはオーディオプレーヤーとしては初の試みだという。

 2種類の異なるDACの特性を最適化する為に、複数の異なる独立したアンプ回路設計を採用。また、各DACが提供するフィルターを選択可能にして、サウンドのカスタマイズが可能となっている。PCM:384kHz/32bit、DSD:11.2MHz(DSD 256)のネイティブ再生をサポート。独自のレーザーグラウンドエキスパンションテクノロジーにより、ノイズフロアを限りなく抑えたサウンドを実現したとする。

DACフィルターの解説

 筐体は超精密加工により、芸術作品のような「美しい曲線」と「直線」を自由に融合させたデザイン。天面と背面部にセラミック素材を使用。プレーヤーの周りを流れる光をダイレクトに演出しており、ボリューム部のLEDと合わせて独特の視覚効果を生み出している。プレミアムラインらしい試みだ。

 本体には256GBのストレージと最大1TB対応のmicroSDカードスロットを装備。USB Type-C(USB 3.0)による急速充電を装備する。既存モデル同様、USB DAC機能、「AK Connect」(DLNA)、MQA再生、V-Link動画ストリーミングサービス、APKファイルからアプリ追加ができる「Open APP Service」機能などに対応する。

 2.5mmバランス駆動時の出力は4.0Vrms(ESS DAC)/6.0Vrms(AKM DAC)、3.5mmアンバランス駆動時の出力は2.0Vrms/3.0Vrms。

 画面は5型のタッチスクリーン。本体サイズはおよそ幅76.9×奥行き15.8×高さ132.2mmで、重量は約274g。3700mAhのバッテリーを搭載し、約14時間(ESS DAC)/約10時間(AKM DAC)の連続再生が可能。

 A&futura SE200 Caseはプレーヤー全体を包み込むフルガードタイプを採用。特徴的なカーブ部分は職人が手で革を伸ばしフィット感を高めている。Buttero製のベリーレザーは牛皮の腹の部分を使用。特殊なタイプの革で、その薄さから曲面に適しているとする。フランス産の高級革にベジタブルタンニングを施して、緻密な質感と滑らかで柔らかな表面を実現した。カラーはBlackとBrownが選べる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン