• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ロジクール、eレーシング世界大会「Logicool McLaren G Challenge 2020」オンライン予選の受付開始

2020年05月29日 17時20分更新

文● ASCII

 ロジクールは5月29日、 マクラーレン・レーシングと共催で、eレーシングの世界大会「Logicool McLaren G Challenge 2020」(以下、G Challenge)の開催を発表、オンライン予選の受付を開始した。

 G Challengeは、eレーシング界を盛り上げるために誕生した大会。3回目となる今回は、レーシング技術とラグジュアリーかつハイパフォーマンスなスポーツカーで知られるマクラーレン・レーシングとパートナーシップを結び、アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア・パシフィックの4地域、35ヵ国で開催する。

 競技タイトルには「PROJECT CARS 2」を採用。プラットフォームはPlayStation 4とPC。オンライン予選は各6週間の2シーズン制で実施し、毎週開催するタイムトライアルとシーズンポイントで順位を競う。

 シーズン1は6月1日~7月13日、シーズン2は7月20日~8月30日に開催する。エントリーはこちらから。

 各シーズンの上位者は、各地域で開催するリージョナル・ファイナルへの出場権が与えられ、リージョナル・ファイナルの通過者は、グランドファイナルへの参加権を得る。

 なお、オンライン予選ではDUALSHOCK 4などのコントローラーを使用可能だが、リージョナル・ファイナルとグランドファイナルではロジクールGのハンドルコントローラーを使用する。

 日本からの通過者は秋頃に開催するアジア・パシフィック地域のリージョナル・ファイナルに進出する。なお、リージョナル・ファイナルとグランドファイナルの出場にともなう旅費は支給されるほか、副賞が授与される。

 リージョナル・ファイナル出場者には、ロジクールGのハンドルコントローラーとPRO Xヘッドセット、Playseatのゲーミングチェアーのほか、マクラーレン・レーシングのアパレルグッズが贈呈される。

 グランドファイナルの優勝者には、イギリス・ロンドンへの招待旅行とF1イギリスグランプリ2021のVIPチケットが贈呈される。イギリス・ロンドンでは、マクラーレンテクノロジーセンターの見学やマクラーレンF1ドライバーのランド・ノリス氏による指導、マクラーレンのスーパーカーの運転を体験できる。

Logicool McLaren G Challenge 2020 基本情報

 大会公式ページ:https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/esports/g-challenge-eracing.html

 競技タイトル:PROJECT CARSTM 2

 プラットフォーム:PlayStation 4、PC
 
 ※オンライン予選ではDUALSHOCK 4などのコントローラーも使用可能。リージョナル・ファイナルとグランドファイナルは、ロジクールGのハンドルコントローラーを使用。

 大会の流れ(日本):オンライン予選は1シーズン6週間の2シーズンで開催。各シーズンの通過者はアジア・パシフィック地域のリージョナル・ファイナルへ出場する。アジア・パシフィック地域のリージョナル・ファイナルの上位12名は、グランドファイナルへと進出。

  ※リージョナル・ファイナルとグランドファイナルの出場にともなう旅費は支給。

 賞品:<グランドファイナル優勝者>
    マクラーレンを体験できるイギリス・ロンドンへの招待旅行、F1イギリスグランプリ2021のVIPチケット
    <リージョナル・ファイナル出場者>
    ロジクールGハンドルコントローラー、PRO Xヘッドセット、Playseat ゲーミングチェアー、マクラーレン・レーシングのアパレルグッズ

■ オンライン予選

 毎週開催、タイムトライアルとシーズンポイントにより予選通過者を決定。

 プラットフォーム:PlayStation 4、PC

 開催期間:<シーズン1> 6月1日~7月13日
      <シーズン2> 7月20日~8月30日

 エントリー:https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/esports/g-challenge-eracing.html

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう