このページの本文へ

伝票作成や資材準備など不要

パン屋が簡単にEC参⼊できる新システム「パンスクモット」、パンフォーユー

2020年05月29日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

全国のパン屋がインターネット上で販売できる新システム「パンスクモット」を提供開始

 パンフォーユーは5月27日、全国のパン屋が作り焼き⽴ての状態を冷凍したパンをインターネット上で販売できる新システム「パンスクモット」を提供開始した。まずは、パンフォーユーが運営する個⼈向けパン宅配サービス「パンスク」とシステム連携する。

伝票作成や資材準備など不要で始められるという

 パンスクモットは、パンをEC販売する時に発⽣する登録から出荷までの煩雑な⼿続き・作業・管理を不要にし、初期費⽤をかけずにパンフォーユーが提供しているサービスを通じてパンのEC販売が可能。「ECへ参⼊したいが、サイトの開設や、マーケティングを⾏う知識や時間がない」「新しいことを始めると製造の管理コストが増えてしまう」「販路は増やしたいが、お客さんとの関わりを⼤切にしたい」など、多くのパン屋が抱えるこれらの悩みを解消し、提携パン屋の売上アップ貢献を⽬指すという。

 パンフォーユーは、パンを販売するための単なるプラットフォーム提供にとどまらず、店の認知拡⼤とともに実際に店に⾏きたくなるような期待感の醸成をITの⼒で実現するとして、現在25のパン屋と提携しており、2020年中に47都道府県のパン屋との提携を⽬指すとしている。

 本サービスは、運送会社とシステム上で連携しているので、冷凍でパンを発送する際の伝票記⼊や送料の⽀払い管理などは不要としている。冷凍⽤袋・出荷⽤箱・同梱物(パンフレット等)などあらゆる資材とあわせて、作成が⼤変な原料・カロリー表記のラベルも、パンフォーユーがヒアリングし作成する。また、サイト開設・運営・集客なども必要なく、パンを焼いて冷凍し箱に詰めて集荷に来てもらうのみで、パン屋に⼿間をかけさせないという。

 ウェブで予め受注スケジュールの把握ができるので、パン屋はパンを作りに専念できる上、受注管理専⽤の⼈材も不要。また、⽉に製造可能なパン数をパン屋と事前に相談するので、売上が伸び悩みがちな⾬季、夏季の売上に貢献するとしている。

お客さんからのパンの感想や店へのメッセージをいつでも簡単に閲覧可能。また、ウェブで予め受注スケジュールの把握ができる

 また、お客さんの顔が⾒えない単なるECではなく、お客さんの声をパンスクモットが収集し、パンを⾷べたお客さんからのパンの感想や店へのメッセージをいつでも簡単に閲覧可能。

 パンフォーユーと提携しているパン屋からは、「⼿間がかからずにネット販売ができるので、直接来店するお客さんに集中できる」「事前に(パンフォーユーから)注⽂を頂く形なので、段取りが組みやすい」「宅配サービスなので天候などに左右されることなく安定した収⼊が⾒込める」「売上⾒込、ショップカード効果で全国への宣伝も期待できる」といった声が寄せられているという。

売上⾒込、ショップカードなどをパンフォーユーが作成

 同サービスでは、独⾃の冷凍技術でパンを冷凍し、1ヵ⽉以上の賞味期限で届けることが可能。パン屋で焼きたての状態を冷凍し配送することで、利用者は冷凍庫から取り出し温めなおすだけで、いつでもおいしいパンを⾷べられるという。

パンフォーユーの冷凍⽅法で30⽇間冷凍保存したパンと焼成1⽇後の常温パンの糊化(α化)度・⽔分量の⽐較

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ