このページの本文へ

アスキー編集部、在宅ワークはじめました 第24回

REALFORCE for Mac テンキーレス PFU Limited Edition試用レポ:

MacBook Proに3万円キーボードつないで在宅ワーク

2020年05月28日 13時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita) 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

REALFORCE for Mac テンキーレス PFU Limited Edition
発売中(直販限定)
3万1350円
PFU

https://www.pfu.fujitsu.com/rfkeyboard/

 アスキー家事育児担当の盛田諒ですこんにちは。MacBook ProをディスプレーにMagic Keyboardつなげて在宅ワークな日々。せっかく家にいるんだから良いキーボードを買ってもいいんじゃねーのとムラムラしていたところ、折りよく高級キーボード「REALFORCE」の新型が出ました。「REALFORCE for Mac テンキーレス PFU Limited Edition」。「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」のPFUが東プレの「REALFORCE」を設計した最新版です。「これは神の思し召しだ」と神様に怒られそうな言い訳をして手を出しました。高級キーボードを使うのは初めてで違いが分かるものか若干ドキドキしましたが、使ってみればなるほど素人でもわかる最高な打ち心地。お値段も最高ですがこれはいいものですね……。

●スコッとなめらか

 普段使ってるモバイル向けのMagic Keyboardとデスクトップ向けのREALFORCEを比べても無意味とは思うものの、やっぱ全然違いますねこれ。

 最初に感じるのはキーを打ったときの「スコッ」というなめらかな気持ちよさ。これが静電容量無接点方式スイッチの力ですね。Magic Keyboardは「ペチッ」と指でキーボードを叩く感じですが、REALFORCEは指で押すというか沈ませる感じです。キーを押したときの重さにあたるキー荷重は45g。REALFORCEでは一番重い吸いつくような指ざわり。なぜか麻雀牌を思い出しました。

 キー荷重は固定ですが、キーを押してから反応するまでの深さはアクチュエーションポイントチェンジャー(APC)機能で3段階に調整可能。速く入力するなら1.5mm、普通に入力するなら2.2mm、誤入力を防ぐなら3.0mm。それぞれ青色→緑色→赤色でLEDが切り替わり、すばやく入力すると速度の差がよく分かります。キー荷重の重さもあり個人的には1.5mmが標準でいいくらいでした。

 キーの底に敷くことで物理的に深さを調整するスペーサーも同梱されています。手元で切り替えるほうが便利なのでAPC機能ばっかり使ってますが。

●静かでどっしり

 キー打ってるときのスコスコいう音は静かです。Magic Keyboardの軽快なペチペチ音もけっこう好きですが、落ち着きのある音はやっぱいいですね。夫婦共働きでテレワークやっててもお互いキーを打つ音が気にならないってのもメリットかもしれないですね。まあ打鍵音くらいでケンカをするようなことがあるならもっと根本的な問題があるんじゃないかという気もしますが……。

 あと物理的なところだと背面にスタンドがついていて、キーが斜めになってて手首がラクです。重量は1.1kgで安定感があります。当然ですがテーブルに置いて使うのに最適で、ひざにのっけるには不向き。リュックに放りこんどいて使いたいときにサッと出せるMagic Keyboardの軽快さとは真逆の方向性ですね。

 カラーはスーパーホワイトとブラックの2色、キー配列は日本語配列と英語配列の2種類、テンキーなし。アップルデザインによく合うすっきりとしたデザインで、右上にある「REALFORCE for Mac」ロゴはカーボン調プレートです。シンプルなかな無刻印仕様で、最初「かな」キーが「Kana」とアルファベット表記になってることに気づかず「どこだ?」と探してしまいました。

 キー配列はMagic Keyboardとほぼ同じなのですんなり使えます。すぐ実感できるメリットは、Magic Keyboardよりカーソルキーがデカくて打ちやすいこと。あとは「home」「pageup」「pagedown」が使えることでした。テンキーつきのMagic Keyboard使えばいいんですが。やっぱ画面スクロール便利です。

 明るさや音量の調整にはファンクションキーが使えて便利です。キーボードの右下にある「Fn切り替えキー」を押すと通常のファンクションキーとして使えるようになるのはアタマいいなと感心しました。Windowsでも使えるようになっていて便利なのですが、左上にWindows向けの「半角/全角」変換キーがあるのは最初アタマが混乱し、何度か無意味な「`」を打ちました。

 キー配列はMac向けの「REALFORCE ソフトウェア」で入れ替え可能。LEDの色設定も可能。設定内容を保存しておくこともできます。

●備蓄品として家に置いときたい

 数日使っただけですがやっぱ高級キーボードってのはいいもんですね。記者としてあちこち飛びまわってるときはMacBook Pro、iPad mini、Magic Keyboardが三種の神器でしたが、家で仕事をするときはデスクまわりの神器がほしいなーとしみじみ感じます。いつまで家にいることになるのかまだ分かりませんが、腐るもんでもないので、いざというときの備蓄品として家に置いとく価値もあるんじゃないかと、そんな家族向けの言い訳をリストアップしてます。3万ですしね……

 

アスキーキッズメルマガ 毎週土曜に配信中

 アスキーキッズは毎週土曜、一週間ぶんの記事をまとめて読めるメールマガジンを配信中。人気連載「ほぼほぼ育児」をはじめ、ニュース、イベント、プログラミング教育入門、みんなの子育て体験談など、子育ての参考になる情報満載です。ご登録はこちらから。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン