このページの本文へ

動画配信やテレワークでも使える

カメラ&三脚穴に取り付けられる撮影用LEDライト、サンワダイレクト

2020年05月22日 15時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジカメ用LEDライト「200-DG019」

 サンワサプライは5月22日、同社の直販サイト「サンワダイレクト」にて、明るさを95段階、色温度調整を35段階調整可能な、カメラ&三脚穴に取り付けられるデジカメ用LEDライト「200-DG019」を発売した。価格は6480円。

明るさは95段階(5~100%)、色温度は35段階(3000K~6500K)で調整できる

動画配信やテレワークのビデオ会議でも使える

 本製品はコンパクトで持ち運びに適したカメラ用LEDライト。一瞬だけ明るく照らすフラッシュと違い、常時点灯タイプなのでイメージした光で撮影できるという。明るさは95段階(5~100%)、色温度は35段階(3000K~6500K)で調整が可能。背面に色温度、色量、バッテリー残量をデジタルで表示する。動画配信用や表情や手元を照らす、テレワーク・在宅勤務用にも適するという。高輝度のLEDを96個搭載。カメラ・ビデオカメラのシューに取り付けて使用できるホットシューアダプター付きで、向き・角度を調整可能。

 連続点灯時間はおよそ40分~最大10時間としている。充電式バッテリーを内蔵し、充電ケーブル(USB Type-C)1本で充電できる。マグネットを内蔵しており、金属面へ貼り付けも可能。本製品のサイズはおよそ幅116×奥行き10×高さ72mmで、重量はおよそ156g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン