このページの本文へ

夏の甲子園中止を機に、高校野球の「死に場所を探す」思考を捨てよ

2020年05月22日 06時00分更新

文● 小林信也(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
高校野球にある封建的な考え方を、中止の際に一掃すべきだ Photo:PIXTA

中止を決めただけで、
救済案を出さなかった大会主催者への失望

 夏の甲子園の中止が決まった。東京など一部地域でなお緊急事態宣言が続き、多くの高校が休校を続ける状況で、中止の判断はやむをえないのだろう。だが、その決定のプロセス、発表会見の心ない言葉の数々には激しく落胆し、憤りを覚えた。

 「高校野球は教育の一環」と言いながら、大会中止を発表した大会会長は朝日新聞の社長だった。春もそうだが、夏の甲子園も結局、新聞社のイベントなのだという現実を改めて思い知らされた。

 夏の大会中止は、センバツが中止された時点で予測できた。それなのに、日本高等学校野球連盟(高野連)は一切、球児たちとともに高校野球の目的を見直す動きや、代わりに何ができるかといった対話もアクションも起こさなかった。中止発表に際しても代替案は示されず、ただ「中止」が宣告されたに過ぎなかった。

いまこそ高校球児自身が
「新しい未来」を創造する時だ

 中止を受けて、「代替大会を開くべきだ」といった声が高まっている。

 「こんな時こそ、大人たちにできることがあるだろう」という提言も一理あるが、筆者は、いまこそ「選手たち自身に考え、アイデアを出し合ってもらいたい」と願う。

 甲子園を目指すだけが高校野球の目的ではない。

 トーナメントで優勝を決める以外にも、野球を楽しみ、野球の深さや素晴らしさを味わう機会はいくらでも作ることができる。対抗戦や親善試合、世代を超えた交流試合や練習会など、すぐに思いつく。それを高野連の大人や新聞社をはじめとした企業が考えるのでなく、高校球児自身が、自分の学校の特性や地域性もふまえて考え出す姿勢こそ、大切な教育ではないだろうか。

 チームの従順な歯車となり、監督の指図に従う能力ばかり身につける高校野球が「教育的」だとは思えない。自ら考え行動する創造力・決断力を養う高校野球に転換する絶好のチャンスでもある。

 秋もしくは来春まで、最大限できることを球児自身に考え出してもらいたい。大人たちは、そのアイディアを実現する経済的、組織的な支援を受け持てばいい。

 どうしても『甲子園』にこだわるなら、秋か来春の開催を目指してもいい。2週間に及ぶトーナメント方式が難しければ、各代表校が1試合だけする形だってゼロよりはいいだろう。

 都道府県をまたぐ遠征が秋になっても難しい場合、各都道府県内で似たようなチームでリーグ戦を開くなど、楽しみ方は無数に浮かんでくる。

責任を放棄した日本高野連、
誰でも好きな行動が起こせる

 日本高野連の八田英二会長は、全国各地での代替大会の実施について聞かれ、「各都道府県の高野連にお任せする」と明言した。つまり、日本高野連は球児たちへの責任を放棄したわけだ。

 約1年半前、新潟県高野連が「春の県大会で球数制限を導入する」と決めた際には、「大事なことは全国一律で決める」と日本高野連の主権を誇示し、差し戻した当の日本高野連が、自ら権限を委譲したのだ。これは見方を変えれば権力の放棄であり、地方への禅譲と理解できる。

 長く続いた日本高野連の上意下達、完全支配の権力構造が崩壊した瞬間とも取れる。

 日本高野連がこれほど無責任に「中止」を発表し、「あとはご自由に」と責任放棄したのだから、意思ある球児や指導者たちが、いまこそ改革の狼煙を上げるチャンスだ。

 筆者は全国各地で新しいアイデアが実行され、新たな夜明けのように、高校野球の新しい息吹が沸き起こる未来を楽しみにしている。

 筆者から新しい大会の実施を提案したいくらいだが、高校野球の現場にいない者が、それをやるのでなく、当事者たちが行動を起こすことに意味がある。

 誰かが新たな大会や試合実施の旗を立てたら、そこに賛同し、参加する高校が現れることも十分に考えられる。

「幸せに終わる高校野球」への
転換にしよう

 最後にもうひとつ付け加えたい。

 現場の監督や元監督たちのコメントを聞くと「3年生がけじめとなる大会なしに終わるのは可哀相だ」という点で共通している。

 「これまでの成果を発揮する舞台」は誰もが望んでいるのだろうから、そういうコメントが出るのは当然だろう。

 ところが、よく聞いてみると、多くの監督たちの言葉の端々には少し違うニュアンスが含まれていた。

 「“死に場所”を作ってあげないと、きちっと終われない」

 取材を通じて敬意を抱いている監督の一人がそのように語っていた。その姿を見て筆者は、つくづく高校野球に携わる人間に染みついている「悪しき勘違い」に気付かされた。

 「高校野球は全国大会で優勝する1チームを除いて、その他全てのチームが負けて終わりを迎える」という、「負けたら終わり」のトーナメント方式で100年以上も運営されてきた。「その刹那がドラマチックでいい」とさえ認識されている。

 本当にそうだろうか? 高校野球が「負けて終わり」が良い理由は何なのだろうか。

 それを誰が説明できるだろう。実はそれこそ、高校野球の悪しき体質が凝縮された元凶ではないか。

 高校野球の封建的な体質は、しばしば戦時中の日本の世情と重ねて語られる。監督に服従し、頭を丸め、犠牲的精神を美化する。飛躍した指摘とも言い難いはずだ。

「死に場所を作ってあげないと」という意識は、まさに戦争体験の追従ではないだろうか。

 日本は昭和20年夏、敗戦を経験した。戦後生まれの筆者は実感としてそれを知らない。だが毎夏、甲子園の高校野球を通して、自分たちのDNAに刻まれた敗戦の体験を追認し、どこかで感傷に浸っていたとすれば、それこそ打破し、捨て去るべき習慣ではないか。

 「負けるために苦しい練習に耐えている、そこに意味がある……」

 まるで、戦争に負けたから今があると言わんばかりの、倒錯した思考がこびりついているのかと思うとぞっとする。

 私は、「猛暑の甲子園はやめよう」「もっと試合を経験させよう」など、多くの提言を続けてきた。今回の中止はその好機でもあると感じている。

 それ以上に、「負けて終わる高校野球の悪しき習慣をこれで終わりにしよう」と叫びたい。

 3年間の努力の最終幕が、“敗戦”である必要などない。幸せに終わる最終章の何が問題なのだろう。親しく交流を重ねてきたライバル校との親善試合が最後でもいい。地域のリーグ戦が、最後の舞台でもいい。敗北の悔しさでなく、充実感たっぷりの笑顔で終わり、次の世代でさらにまた野球を通じて人生を深めたいと志す球児が育まれる高校野球に生まれ変わることこそ、未来につながる教育環境だと筆者は思う。

(作家・スポーツライター 小林信也)

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ