このページの本文へ

5月21日より販売

網膜投影が体験できる! 「RETISSA DisplayII」ビックカメラ有楽町店で販売・展示へ

2020年05月20日 09時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 QDレーザは、網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA DisplayII」を、ビックカメラ有楽町店およびビックカメラ・ドットコムにて5月21日より販売する。ビックカメラ有楽町店2階及び6階では実機を常設展示し、RETISSA DisplayIIを体験できる。

 RETISSA Display IIは、三原色レーザー光源からの微弱な光と高速振動する微小な鏡(MEMSミラー)を組み合わせ、網膜上に映像を描き出すレーザー網膜走査技術「VISIRIUMテクノロジー」を採用したヘッドマウントディスプレー。超小型プロジェクターユニットから、片眼の視野中心部(水平視野角約26度、アスペクト比16:9)に、HDMI端子で接続できる機器からのデジタル映像を網膜に直接投影する。

 原理上、装着者のピント調節機能の影響を受けにくく、近視、遠視、乱視、老眼などがあっても眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正手段を用いずに投影画像を見ることが可能としている。また、ピント位置の影響なく視野に映像が重なるため、背景と投影映像のピントずれがないAR(拡張現実)体験ができるという。

 網膜上でのビーム品質をチューニングすることで解像感の向上を実現し、より小さな文字(汎用のAR製品や、弊社前モデルと比較しておよそ半分の大きさ)まで判読できるという。バッテリー容量は3880mAh(公称)で、市販のモバイルバッテリーなどを利用してさらに長時間駆動が可能。オリジナルフレームはおよそ24g(プロジェクター、レンズホルダーを除く)と軽量で、プロジェクター固定位置の調整もできる。取り外し可能なレンズホルダーは、レンズの交換にも対応する。

 また、スイッチで簡単に画像が反転でき、フレームへの固定位置を変えることで左右の切り替えが可能。ステレオミニジャックを搭載し、HDMI信号に含まれる音声をイヤホンやヘッドホンで聞ける。映像ソースとなる機器への電源供給のため、USBポート(5V、500mA)を搭載。無線キャストアダプターなどを接続することにより、映像を視聴できる。なお、本製品はアスキーストアでも販売している。

主なスペック

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ