このページの本文へ

抽選変更も変更、1度申し込むだけで繰り越しで抽選対象に

シャープがマスクさらに増産、いまだ当選率1%未満の競争率

2020年05月15日 12時12分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは5月15日、マスクの抽選状況について発表。第3回の抽選販売では、13日に抽選を実施、746万6896人の応募に対して、7万人に対して販売を実施することが明らかになった。同社では当初6万人の当選を予定していたが、さらなる増産を図り+1万人に対してマスクを販売することになった。14日に当選通知メールを送信完了している。

 なお、応募については今後も続け、火曜の正午までに応募した人に対して、毎週水曜日に抽選を実施する。ただし、応募受付はメンテナンスのため、火曜の午後~水曜日は受け付けていない。結果は木曜までにメール送信し、購入の権利は、水曜日~日曜17:00までの5日間となる。

 なお、一度抽選販売に申し込めば、抽選に外れた場合も継続して抽選の対象になるため、再度申し込む必要はない。何度申し込んでも当選確率は変わらない。次回、第4回の抽選日は5月19日正午に締め切る。応募時には名前・メールアドレス・電話番号など最低限の情報だけを記入し、COCORO MEMBERSへの会員登録は不要だ(ただし、購入時には会員登録が必要となる)。

 シャープの個人向けマスク販売では、アクセス集中などで様々な混乱もあったが、これに対処してきた形だ。

 マスクの価格は1箱50枚入りで2980円(税抜、送料別)となる。発送は購入手続きが済んだ翌営業日となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン