このページの本文へ

日本の絶景、さくら宇宙公園──パラボラアンテナと満開の桜

2020年04月26日 06時00分更新

文● クレセントエルデザイン(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「さくら宇宙公園」は茨城県高萩市にある公園で、正式名称は「高萩市衛星通信記念公園」。日本で初めてのテレビ衛星中継を受信したことを記念して造られました。

 園内には、1周800mのジョギングコースや、グランドゴルフが楽しめる広場、また300本にもなるソメイヨシノが植えられていて、春は桜の名所としても有名です。そして一番の特徴は、園内に直径 32m というパラボラアンテナが2基設置されていることです。

 昭和37年11月20日、衛星通信の実用化に向けた実験施設としてここに「茨城宇宙通信実験所」が設立されました。開所してから3日後の11月23日にNASAの通信衛星リレー1号を使用して初めての日米間テレビ衛星中継受信実験が行われたのですが、その最中に飛び込んできたのが、なんとアメリカ合衆国ジョン・F・ケネディ大統領暗殺という衝撃のニュースだったというのは知る人ぞ知る有名な話です。

 園内にある2基のパラボラアンテナは、現在は国立天文台茨城観測局、茨城大学宇宙科学教育研究センターによって電波望遠鏡として再活用されています。満開の桜とパラボラアンテナの共演、ぜひ映像でお楽しみください。

※撮影日は2019/04月です。現在、すでに見頃は過ぎています。

(撮影・文/クレセントエルデザイン)

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ