このページの本文へ

コーニング社製ガラス採用! iPhone 11シリーズ向けのレンズプロテクター

2020年04月04日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米コーニング社製の強化ガラスを採用した、iPhone 11/11 Pro向けのカメラレンズプロテクター「ICPT11」シリーズがエアリアから登場。東映ランドにてiPhone 11向けモデルが999円、iPhone 11 Pro向けモデルが1199円で販売されている。

最新iPhoneの背面カメラをしっかり保護するプロテクター。iPhone 11とiPhone 11 Pro向けモデルが入荷している

 iPhone 11/11 Proの背面カメラレンズやリムをキズから保護する、レンズプロテクターの新製品。スマートフォン用の強化ガラスで名高い米コーニング社製の硬度9Hガラスと、アルミニウム合金のリングを組み合わせている。

 レンズそれぞれを個別で保護する仕様のため、一般的なフルカバータイプのプロテクターと異なり、専有面積が少ないというメリットもアリ。装着した状態でも問題なくiPhoneケースが併用できるほか、フラッシュ使用時に映り込む心配も無用だ。

干渉の少ない個別レンズタイプで、アルミ製リングとコーニング社製ガラスを組み合わせている

 特殊な粘着素材が使われており、手軽に装着できる一方でホコリなどの混入がなく、ズレや落下しにくい仕様だ。なお、カラバリはそれぞれグレーとシルバーの2色。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン