IPv6/IPv4インターネット接続サービスほか、主要サービスが対応

NTT東西の10Gbps「フレッツ 光クロス」にJPNE「v6プラス」が対応

文●大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ネットワークイネイブラー(JPNE)は2020年4月1日から、IPv6/IPv4インターネット接続サービス「v6プラス」などの同社サービスにおいて、NTT東日本/NTT西日本が同日に提供開始した上り/下り最大10Gbpsの「フレッツ 光クロス」への対応を開始した。

 NTT東日本/NTT西日本のフレッツ 光クロスは、両社が保有するフレッツ網(NGN:次世代ネットワーク)を用いて提供する、上り/下り10Gbpsのベストエフォート型ネットワークサービス。インターネットへの接続はインターネットサービスプロバイダー(ISP)経由で行う。

NTT東日本/NTT西日本「フレッツ 光クロス」の概要(NTTプレスリリースより)。JPNEなどのIPoE事業者(VNE)を経由してインターネット接続する

 JPNEは、フレッツ網経由でIPv6インターネット接続(IPv6 IPoE)ネットワークを保有/運用し、ISP各社に接続サービスを卸売りするVNE(仮想ネットワーク提供者)だ。JPNEが提供するv6プラスは、IPv6アクセスに加えてIPv4アクセス(IPv4 over IPv6)もまとめて提供するインターネット接続サービスである。

 今回は、このv6プラスに加えて「v6プラス 固定IPサービス」「IPv6インターネット接続」「JPNEヒカリ」の各サービスにおいて、フレッツ 光クロスへの対応を開始した。前述のとおり、一般家庭や企業のエンドユーザーにはISP経由で今後サービス提供が開始されることになる。

 なおNTT東西では、フレッツ 光クロスにおけるISP接続をまずIPoE方式からスタートした。IPv6 PPPoE方式については、NTT東は2020年11月以降、NTT西は2020年10月以降の対応予定としている。

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月