このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」

「ピザハット」が日本向けに健闘しています

世界最大ピザチェーンがおきて破りな日本向けソースを開発

2020年04月01日 16時30分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ごきげんよう、アスキー編集部のナベコです。みなさん、ピザお好きですよね。

 日本の「ピザハット」はピザに使用されるトマトソースを日本向けに改良しました。3月23日からトマトソースを使用するピザは新ソースに切り替わっています。

ピザハットが「トマトソース」を変えたそうです

日本ピザハットとしては、世界の共通のトマトソースを変えるのは初の試み。

 ピザハットがトマトソースを日本向けに開発したのは初めて。100の国と地域に1万8000店舗を展開する世界最大ピザチェーン、ピザハットでは、原則的に全世界で同じ味のトマトソースの使用が定められていました。

 ところが、日本ピザハットが2019年9月に試食調査を実施したところ、世界共通の味と日本人が求める味に差があることが判明。そこで、アメリカ本社に日本向けに味を変更する重要性を説き、ようやくトマトソースをオリジナルに改良することが認められた、という経緯があるそう。

 新トマトソースは「うま味」が格段にアップしたとのことです(甘味・うま味・塩味・酸味・苦みの5つの基本味を算出できる味覚センサーでうま味成分を計測)。

そんなにソースって大きいのですか?

 なるほど、ピザハットはアメリカに本社がある世界的チェーン。日本向けのオリジナルピザはありましたが、ソースなど軸となる部分は世界共通だったのですね。

 本社が定めていた味を覆すという、大きな取り組み。ですが、はたしてトマトソースを変えたことで、どれだけ差が出るのでしょうか?

 正直、半信半疑。ソースでそんなに味変わるんですかね。同僚が前髪切りましたぐらいに、ささやかな変化なんじゃないかなぁ。

新旧のトマトソースで食べ比べできました。

 そんな疑問をもっていた私に、ものは試しにいかがですかと、ピザハットさんがソースを食べ比べさせてくれました。特新ピザ「7種チーズと厚切イベリコ」を“新旧のトマトソース”で特別に食べ比べ。機会をいただき、ありがとうございます。

 なお、現在、すでに旧トマトソースは切り替えていて使用されていませんのでご注意。

新ソースのスタートと同時に発売された新ピザ「7種チーズと厚切イベリコ」

 「7種チーズと厚切イベリコ」のピザは、ゴーダ、カマンベール、モッツァレラなど、7種のチーズと、脂がのった厚切りのベーコンの組み合わせ。若い人に喜ばれそうな肉チーピザです。

 チーズ、ベーコンが主役になって、はたしてトマトソースの変化がわかるのか……と疑問でした。が、食べ比べてみると、けっこう違うものですね。

旧バージョンもふつうにおいしいです。そりゃそうですよね!

 旧ソースのピザも、チーズのトロットロしたコクやクリーミーさと、ゴロッとしたベーコン楽しめて、最初に食べた時は「こってりしてるし、ふつうにサイコー」と思いました。本当そう。間違いなくおいしいのです。チーズとベーコンがのっているピザがまずいとかあるわけないじゃないですか。

 ただ、新ソースのピザを食べると「あれっ、こっちのほうがおいしい!」。

あれ、トマトソースも主張してきて、味の幅が広がった。

 具材は同じでも、ジュワッと染み出てくるトマトの甘味が格段に増しました。チーズ、ベーコンの存在感はもちろんありつつ、それにトマトが加わって三位一体に。後味にもトマトのフレッシュな余韻が残り、ピザ全体の味の幅が広がった、そんな感じです。

 旧ソースのほうのピザは、正直、トマトソースの存在があまり感じられなかったのです。さりげなく全体をまとめてくれていたんでしょうね。さりげなさも大事。それもわかります。一方で新ソースは、トマトのうま味をパーンと出してきた。結果、トマトの味含めて、具材のハーモニーが奏でられる。

トマト味が強くてリッチになりました。

 好みによりかもしれませんが、圧倒的に後者のほうがおいしいなと感じました。トマト感強いから、もしかしてトマト苦手な人はダメかも……、というのは懸念ですが(編集部のトマト嫌いは、生のトマトとのジュクジュクしたところが苦手ということでしたが、このピザはおいしくいただいてました)。

在宅飯にピザ、すてきですね

 というわけで、日本向けに進化したピザハットのピザ。今回の「7種チーズと厚切イベリコ」以外にもトマトソース系のピザには新ソースが使われているので、よかったらお試しあれ。

 ピザハットでは、ピザの配達員と対面せずにピザが受け取れるサービス「置きピザ」も実施しています(詳細はコチラ)。自宅での食事の機会が増えたという人も利用してみてはどうでしょうか。

 私は週末、気温が上がるようなのでベランダにでも出てピザを食べようかな。

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧