このページの本文へ

360度VR動画専用のプラットフォーム『360Channel』コンテンツピックアップ!

2.5Dアーティスト「THE BINARY」の世界観をVRで堪能!

2020年04月01日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カメラの周囲360度、すべての様子を撮影することで、動画であるにも関わらず自由に視点を動かして楽しめる“360度動画”。上下や左右はもちろん、後ろを振り返ることができ、VRゴーグルなどを使えば、視界いっぱいに広がる映像の臨場感は抜群です。

 そんな360度動画に特化した動画配信サービス「360Channel」から、オススメの動画やチャンネルをご紹介。今回は、「Synthetic Reality 0th VR -by THE BINARY-」を紹介します。

 THE BINARYは、「mido」と「あかまる」の2人の女性ボーカルからなる、新世代の“2.5D”アーティスト。「第三のスキン」と呼ばれる3Dアバターを持ち、リアルだけでなくバーチャル空間でのライブも行なっています。

 そんな2人のVRライブの様子を楽しめるのが、この「Synthetic Reality 0th VR -by THE BINARY-」。レンタル料金は7日間2200円だが、本日4月1日(水)12:00~5月10日(日)23:59までの期間限定で、3日間770円のキャンペーン価格で視聴可能だ。

 THE BINARYのデビュー曲となる、ユリイ・カノン氏の「EgoもIdも単純に」を はじめ、一二三氏、ろくろ氏など次世代ボカロPに提供されたオリジナル楽曲も多数披露、いずれも“エモさ“抜群のセットリストは心に刺さること間違いなし。

 midoの力強く感情豊かな歌声とあかまるの澄んだ美しい歌声、そしてVRで視界全体に広がる、リアルでは味わえないような色彩豊かで変化に富んだライブ演出が融合する様は必見です。

 歌やMCによるライブだけでなく、立体音響の「ASMR」を生かして独自の物語を描き出す、これまでにない新しい“ライブ”のカタチを、ぜひその目でご覧ください。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ