このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第190回

全国展開は2022年以降か:

5G無制限「条件付き」ばかりの理由

2020年03月26日 09時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンクは上位プランの「動画SNS放題」を5Gでも継続

 国内大手3キャリアが5Gサービスの開始を正式発表し、ドコモは3月25日、KDDIは26日、ソフトバンクは27日に、エリアをかなり限定した形で始まることになりました。

 いずれの発表会も新型コロナウイルスの影響でオンラインでの開催になったものの、3社それぞれの方向性の違いが明らかになりました。最初に筆者が注目したのは「条件付きの無制限」です。

■各キャリアの5Gは「条件付き無制限」

 5Gに期待したい要素の1つとして「無制限」があります。これまでも無制限をうたうMVNOやモバイルWi-Fiルーターのプランはあったものの、通信速度はあまり期待できませんでした。これに対して大手キャリアの5Gサービスには十分な帯域があります。

 5Gの発表で先陣を切ったソフトバンクは、4Gの大容量プランで導入した「動画SNS見放題」を5Gでも継続します。データ消費の大半がYouTubeなどの動画であることを考えれば、無制限にかなり近いサービスといえるでしょう。

 KDDIは4Gの「auデータMAXプラン」でスマホのデータ無制限を実現したものの、テザリングや海外ローミングには20GBの制限がありました。5Gではコンテンツをバンドルした上位プランでは容量が増え、最上位の「ALL STARパック」では80GBに拡大しています。

KDDIは5Gでもスマホ無制限プランあり、テザリングには容量制限

 これに対してドコモは、国内での「データ量無制限キャンペーン」を発表しました。5Gだけでなく4Gも、スマホ単体だけでなくテザリングも含め、当面の間は完全に無制限となっています。

ドコモの上位プランは当面の無制限キャンペーンを実施

 5Gプランを真っ先に契約するのはヘビーユーザーが多いと予想されるため、ドコモのキャンペーンは負荷テストとしての意味もありそうです。「ドコモの無制限はどこまで続くか」に業界全体が注目しています。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン