このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

AMD Threadripper+ASRock「TRX40 Taichi」のPCIe 4.0環境で検証

8枚差しSeagate「Firecuda 520 SSD」のRAID 0で最速に挑んでみた

2020年03月25日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 第3世代のAMD Ryzenシリーズの登場で、PCIe 4.0対応のSSDが注目を集めた。シーケンシャルリード/ライトで5000MB/sという爆速を叩き出すその能力を活かして、さらなる高みを見たい。そんな思いから、今回挑戦シリーズとしてSeagate「FireCuda 520 SSD」を8枚差してRAID 0を組んだら果たしてどうなるのかを検証してみた。

 使用したCPUは、24コア/48スレッドのAMD Ryzen Threadripper 3960Xプロセッサー。マザーボードは、AMD TRX40プラットフォームのASRock「TRX40 Taichi」という組み合わせ。そして、FireCuda 520を8枚差すためにASRockの「HYPER QUAD M.2 CARD」を2枚用意している。

簡易水冷のクーラーで見えないが、24コア/48スレッドのAMD Ryzen Threadripper 3960Xプロセッサーを使用。実売価格は18万1000円前後だ。

ASRock「TRX40 Taichi」。実売価格は6万5000円前後。

 HYPER QUAD M.2 CARDは、PCIe 4.0 x16インターフェースに対応し、PCIe 4.0対応M.2 SSDを4枚装着できるというもの。TRX40 Taichiに1枚同梱されており、ボード側の2スロットと合わせれば、6枚のM.2 SSDを装着できることになる。

ASRockの「HYPER QUAD M.2 CARD」。TRX40 Taichiに1枚付属しており、通常は写真上のような状態でアルミケースでカバーされ、内蔵冷却用ファンによって効率的に冷やされる。写真下は、アルミケースを外した状態で、FireCuda 520 SSDには独自専用のヒートシンクが装着されたもの。今回はこの2枚のボードを使用した。

 さて、まずHYPER QUAD M.2 CARDを利用するには準備が必要だ。アルミカバーを外してSSDを装着したあと、ボードの下の方にあるディップスイッチを設定する。これは最大4枚のカードが差せるようにカードナンバーを指定するためのもので、1はWindowsのユーティリティを利用できるようにするか否か、2と3のスイッチでカードナンバーを指定する。2枚差したら、それぞれ違うナンバーを設定しよう。

写真のボード手前に4つのディップスイッチがあり、2と3のスイッチのオン/オフでカードナンバーを設定する。

 続いてHYPER QUAD M.2 CARD をPCIeスロットに差したら、マシンを起動してBIOSの設定に入る。まずNVMe SSDをRAIDが使えるよう「アドバンスド」タブの「AMD PBS」で「NVMe RAID mode」を「Enabeled」にする。その下にある「PCIe Slot~」で、HYPER QUAD M.2 CARDを差したPCIeスロットを「x16 Mode」から「x4x4x4x4 Mode」に変更。こうすることで、NVMe SSD を4枚認識できるようになる。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ