このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

HUAWEI Mate 30 Pro 5G ロードテスト 第1回

美しいデザインの筐体に最新ハイエンドモデルの機能を盛り込んだ1台

ファーウェイ「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」は、5Gにも対応した新たな時代を代表するSIMフリースマホ

2020年03月19日 11時00分更新

文● 島 徹、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイから、“5G”対応のハイエンドSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」が4月に発売される予定だ。左右ベゼルレスのディスプレイに、Leicaと共同開発の高画質クアッドコアカメラ、より高速化した5G対応のハイエンドSoC搭載といった進化に加えて、タッチレスジェスチャーコントロールといった新機能も搭載する。

 5G時代においても、ファーウェイが高性能かつ新機軸のスマホを提供し続ける姿勢を象徴した、まさにフラッグシップといえるモデルを一足先に試す機会を得たので、短期連載の形で個々の機能を詳しく見ていく。今回はHUAWEI Mate 30 Proのスペックや基本機能を概観するとともに、ベゼルレスの「ホライゾンディスプレイ」を含めたデザイン面の特長を見ていこう。

5G対応SIMフリースマホのハイエンド機「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」がファーウェイから登場。Leicaクアッドカメラや、AIを用いたジェスチャー操作など魅力をチェック!

ファーウェイの注目機が5G搭載でついに日本登場
進化したLeicaクアッドカメラや新SoCに注目

 まず、そのディスプレイでは約6.53型OLEDパネルを搭載。左右の曲線部分まで表示領域となった「ホライゾンディスプレイ」により、ベゼルレスを実現。横幅73.1mmに抑えられていることで、片手でも持ちやすいスリム筐体と大迫力の画面を両立しているのが魅力的だ。

横幅約73.1mmのスリムボディに、約6.53型でベゼルレスの「ホライゾンディスプレイ」を搭載。背面はLeicaクアッドカメラと、軽やかなオレンジ色と上品な触感のヴィーガンレザーを採用

 そしてファーウェイ製のハイエンドスマホにおいて、最大の注目点はカメラだろう。実際の作例や機能については、今後の回で詳しくレビュー予定だが、Leicaクアッドカメラは、約4000万画素の大型RYYBセンサーを採用した、暗所撮影に強いSuper Sensing広角レンズに加えて、同じく約4000万画素かつ暗所でのウルトラローライトムービーの撮影にも対応した大型センサーの超広角シネマカメラを搭載。大型約4000万画素センサーのカメラを2つも搭載したスマホはそうそうない。

 これら2つの約4000万画素メインカメラに加えて、光学3倍の望遠カメラや3D被写界深度カメラも搭載し、AIと組み合わせて暗闇からポートレートはもちろん、最大7680fpsのウルトラスローモーションといったさまざまな映像を撮影できる。

Leicaクアッドカメラを搭載。広角と超広角カメラの両方に、高感度な4000万画素の大型センサーを搭載している

 新たに搭載した5G対応の新SoC「HUAWEI Kirin 990 5G」は、日本の主要キャリアでも提供予定の、5G(Sub6)の主要周波数バンドをカバーし、スペック上は最大2.3Gbpsの下りの通信速度に対応している。今後、国内外のキャリアのサービス提供が増えれば、より快適な通信を利用しやすくなるはずだ。

 処理性能についても、もともと高性能な従来のプロセッサをさらに強化。CPUは23%、GPUが39%、AI処理のNPUは460%もパフォーマンスを向上させた。スマホのなかでも非常に高い処理性能を搭載することになる。

いち早く5Gネットワークに対応。国内外のキャリアの正式サービス開始後、利用できるネットワークが増えていくだろう

 新たに画面に触れることなく手を振って画面スクロールや、手を握ってスクリーンショットを撮れるタッチレスジェスチャーコントロールも装備。AIが利用者の目を認識して、必要な時だけ画面を自動回転させる便利な機能も用意されている。寝ながらのスマホ操作も快適だ。

画面に触れずに操作できる「タッチレスジェスチャーコントロール」を搭載

 なお、生体認証は画面内指紋センサーと、3D顔認証の両方を搭載。顔認証はもちろん便利なのだが、マスクを着けた状態での動作は課題となる。そうした場合は指紋認証をメインにするなど、多様な場面で高いセキュリティー性能と利便性を確保できる。

 さらに日本の多くのユーザーが気になる、耐水・防塵性能(IP68)にもしっかり対応している。

 バッテリーは大容量4500mAhのものを搭載。最大40Wの超急速充電に加えて、最大27Wの超高速無線充電にも対応。さらに、HUAWEI Mate 30 Pro 5Gから、ワイヤレス充電に対応したスマホやイヤホンなどを無線充電できるワイヤレス給電も可能だ。

大容量4500mAhバッテリーを搭載。ワイヤレス給電でほかの機器の充電も可能

 HUAWEI Mate 30 Pro 5Gは単に5G対応というだけでなく、ファーウェイが牽引するクアッドカメラの撮影性能や処理性能、新しい操作方法や急速充電など普段使いで便利な機能にもしっかりと磨きをかけたハイエンドモデルと言える。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事