このページの本文へ

レトロゲーム機の液晶を換装! 高画質化できる新型の制御基板

2020年02月29日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レトロゲーム機の液晶モジュールを換装し、高画質化できる改造用の制御基板「RGBDRV」が家電のケンちゃんに入荷。NX Labsによる同人ハードウェアで、9480円で販売中だ。

換装したTFT液晶モジュールを制御するための基板で、RGB入力専用

 レトロな携帯ゲーム機の液晶モジュールをTFT液晶に換装し、視認性や応答速度を向上させて高画質化を実現するための制御用基板。水平周波数15KHz出力のレトロゲーム機に対応している。

 数年前に発売され、マニア向けに人気になっていた「LCDDRV」の発展モデルにあたり、RGB入力専用。従来のようにコンポジットやSビデオ入力には対応しないが、RGB入力専用になったことにより「色のにじみが発生せず、さらに画質が向上した」(ショップ)という。

 そのほか、オンスクリーンディスプレイ(OSD)によるボタン操作での画面調整に対応。従来のアナログボリューム調整と異なり、輝度やコントラストを数値で調整できるようになった。また、映像の表示幅や表示位置の調整に対応。組み込んだ後で画面のズレに気付いた場合でも、微調整が可能になった。

 なお、組み合わせる液晶モジュールは、台湾CHIMEI社製の3.5型液晶パネル「LQ035NC111」に対応。電子部品などを扱うショップにて、別途購入する必要がある。

 

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン