このページの本文へ

オンライン面談可否を表示して、新型コロナウイルス感染への不安を軽減

会社訪問アプリ「Wantedly Visit」に「オンライン面談OK」バッジが導入

2020年02月28日 09時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウォンテッドリーは2月27日、運営する会社訪問アプリ「Wantedly Visit」に、ユーザーがカジュアル面談を申し込む際に企業のオンライン面談対応可否を表示する「オンライン面談OK」バッジを導入すると発表。

 ウォンテッドリーによれば、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、多く企業がカジュアル面談の方式を直接の面と向かった面談から、オンライン面談へ切り替えているとのこと。しかし、応募前のユーザーにはオンライン面談できることがWantedly Visit上で伝わっていないため、ユーザーが応募を躊躇することで、出会いの機会が減ってしまうことを懸念しているという。

 そうした声を受け、オンライン面談が可能であることを募集ページで分かりやすく表示して、ユーザーが安心して応募できるように、オンライン面談OKバッジを導入したとのこと。

 オンライン面談OKバッジは、オンライン上でのカジュアル面談に合意した企業の募集ページ上に表示される。バッジの有無から企業がオンラインのカジュアル面談に対応しているかを判断可能なため、気になる企業の話を聞く際の新型コロナウイルス感染への不安を軽減できればと考えているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン