このページの本文へ

「国内最速」をうたう高性能レンタルサーバー

エックスサーバー、第2世代AMD EPYCとオールNVMe採用のサーバーを提供開始

2020年02月28日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エックスサーバー、AMD EPYC(Rome世代)とオールNVMe採用のレンタルサーバー

 エックスサーバーは2月27日、AMD EPYC(Rome世代)とオールNVMe SSDを採用した、「国内最速」をうたう高性能レンタルサーバーの提供を開始した。

 CPUには、AMDの第2世代「EPYC」プロセッサー(コードネーム「Rome」)を採用。また、サーバーあたりのコア数も従来の倍にあたる「48コア96スレッド」に拡張し、アクセスが集中した場合も従来より高速で安定したサイトの運用が可能になったという。

 NVMe SSDをRAID 10(ストライピング+ミラーリング)構成にすることで、オールSSDやピュアSSDと呼ばれる従来のサーバー環境と比較し、読み込み速度が最大で14倍以上に向上。これに伴い、ウェブサイトの表示速度も高速化したとしている。さらに、搭載メモリを従来の256GBから512GBへ倍増し、プログラムの処理性能の高速化した。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ