このページの本文へ

28型と35型の2製品、縦でも横でも設置可能

BenQ、デジタルサイネージ向け超ワイドなバー型ディスプレー2製品を発売

2020年02月27日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ベンキュージャパンは2月26日、法人向けにバータイプサイネージ「BH2801N」「BH3501」を発売した。

 BH2801Nは28型(1920×360ドット、横幅およそ725.8mm)、BH3501は35型(1920×130ドット、905mm)という細長いディスプレーを持つデジタルサイネージ。スーパーマーケットやブティックといった店舗の商品陳列棚に設置しやすい。また、縦に設置できることから狭いスペースも有効に活用できるという。

 1000nitの超高輝度バックライトパネルを採用し、周囲から光が差し込んでも画像を鮮明なままに保つことができる。さらにBH3501では高性能な反射防止ガラスのコーティングが施されており、コンテンツの鮮やかさと明瞭さを保ちつつ表示できるという。

 いずれもOSにAndroid、2GBメモリーと32GBストレージを搭載、スピーカーも内蔵している。インターフェースはHDMI入力およびUSB、RJ45ポート、コントロール用RS-232搭載。アプリケーション「X-Sign 2.0」が提供されており、用意された各種テンプレートを使ったコンテンツのデザインや、ディスプレーへの転送、各種操作が可能。

 価格はBH2801Nが16万5000円前後、BH3501が25万5000円前後の見込み。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン