このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

プロカメラマンも絶賛のソニー「Xperia 1 II」に完全プロ向け「Xperia PRO」

2020年02月26日 15時30分更新

文● 中山 智 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オンラインでの発表会だったが
注目度の高い端末を連続で発表したソニー

 24日、ソニーはプレスカンファレンスビデオ「Xperia Announcement February 2020」を公開した。本来ソニーはプレスカンファレンスをスペイン・バルセロナで開催予定だったMWC Barcelona 2020で行なう予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、予定していた同時刻にストリーミングで実施することとなった。

新型コロナウイルスの影響でYouTubeでのストリーミングとなったソニーの発表会

 今回の発表会で紹介されたモデルは「Xperia 1 II」と「Xperia Pro」、そしてミッドレンジの「Xperia 10 II」の3つ。カンファレンスでは、5Gに対応する2モデルが特にフィーチャーされていた。

発表された新モデルのひとつ「Xperia 1 II」

 カンファレンスにはソニーモバイル代表取締役社長 岸田光哉氏が登壇。「Xperia 1 II」の特徴について、カメラ機能の強化をあげており、特にソニーのデジタルカメラ「αシリーズ」を使った高速撮影機能をポイントとしてあげていた。

「Xperia 1 II」を紹介するソニーモバイル代表取締役社長 岸田光哉氏

1秒20コマの高速連写を実現した「Xperia 1 II」

レンズはドイツの「ZEISS」とコラボ

 またXperia 1 IIのカメラレンズはドイツのメーカー「ZEISS」を採用しており、ZEISSのヨーク・シュミッツ氏(Executive Vice President, Head of ZEISS Consumer Products)もビデオコメントとして登壇。「ソニーとの挑戦で、スマートフォンの新しい基準を設定する」と、Xperiaのカメラ機能をランクアップさせる意欲を表明していた。

Xperia 1 IIに搭載されたZEISSレンズで新しいチャレンジを目指すと語るヨーク・シュミッツ氏

 さらにカメラマンのニック・ディドリック氏もビデオに登場。同氏は「40年以上のキャリアがあり、最近ではソニーのαシリーズの高速連写機能を気に入っている。スマートフォンでは同じ満足度をえられなかったが、Xperia 1 IIでは1秒20コマの高速連写でαシリーズと同じような撮影ができる」と語っており、プロ目線からのカメラ性能について語っていた。

ニック・ディドリック氏は高速連写機能が気に入ったとのこと

 また岸田氏はXperia 1 IIのサウンド機能にも言及。3.5mmのイヤホンジャック復活や、「360 Reality Audio」など新しいオーディオ技術を搭載し、音楽だけでなく動画やゲームもハイクオリティーな音質で楽しめるとのこと。

ハイエンドモデルとしては珍しくイヤホンジャックが復活

「360 Reality Audio」を搭載

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン