このページの本文へ

監視カメラやドライブレコーダー向けモデルは24時間連続作が可能な高耐久

ロジテック、4K録画向けmicroSDカードや監視カメラ向け産業用SDカードを発売

2020年02月20日 19時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテックINAソリューションズは2月20日、4K記録に対応したmicroSDカード「LMC-MSDGMCS」シリーズおよび、ドライブレコーダー・監視カメラ用途に最適な産業用SDカード「LMC-SDGMCH」シリーズを発表。順次発売する。

 いずれも信頼性が高いMicron製3D TLC NANDフラッシュを採用。-25~85度という耐温度性や静電気耐性、空港のX線検査の影響を受けない耐X線性能、衝撃や振動に強い構造を採用した耐衝撃性能を備える。

 LMC-SDGMCHシリーズは、24時間連続動作を可能にする耐久性を実現したSDカード。ドライブレコーダーや監視カメラ用途に適している。最適化したファームウェアにより、高品質の画像を最小限のコマ落ちで記録する安定した性能を提供。平均故障時間(MTTF)は200万時間、メーカー3年保証が付属。32/64/128/256GBのモデルが用意される。

 LMC-MSDGMCSの512GBモデルは3月中旬発売、LMC-SDGMCHの32GBモデルは4月末発売、残りは2月20日発売。価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース