このページの本文へ

ノイキャン省略のお手軽機、カラバリだけでもなく質感にもこだわった秀逸デザイン

ソニー史上、最小最軽量で持ち運べる、完全ワイヤレス「WF-H800」発表

2020年02月18日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、完全ワイヤレスイヤホン「WF-H800」を2月29日に発売する。h.earシリーズ初の完全ワイヤレス。価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は2万2000円前後(税抜)になる見込み。カラーはレッド、ブラック、アッシュグリーン、オレンジ、ブルーの5色。

 人気モデル「WF-1000XM3」の下位モデルで、基本機能を踏襲しつつ、筐体や充電ケースを小型化した。女性でもつけやすいサイズにし、耳から飛び出す部分も少なくし、装着時の姿もスマートにしたそうだ。一方でノイズキャンセリング機能は省いている。音質傾向も少し異なるが、音にこだわりたいユーザーがターゲットだ。

 重量はWF-1000XM3の約8.5gに対し、WF-H800は約7.6gと軽量化した。充電ケースもWF-1000XM3の77gに対し、48gとソニー製品では最小最軽量。本体操作はタッチセンサーではなく、ボタン操作とした。

WF-1000XM3と比較

 ドライバーは直径6mmのダイナミック型。BluetoothコーデックはSBCまたはAACに対応する。左右またぎによる途切れやすさや遅延を低減する、左右同時伝送方式を採用する。ハイレゾ並みの品質に音質を保管する「DSEE HX」により、MP3などの圧縮音源も24bit/96kHzにアップスケールする。音楽配信サービスやYouTubeなどの再生も高音質化できる。

 Googleアシスタント、Amazon Alexaに対応。イヤフォンのみので再生時間は最大8時間。ケースからの充電と併用し、16時間の再生が可能だ。10分の急速充電で70分の再生ができる。装着検知機能も備え、耳から取り外すと自動的に再生を停止する。このあたりはWF-1000XM3とほぼ変わらない仕様だ。

色だけでなく質感も異なるカラーバリエーションが楽しい

 WF-H800のプロモーションでは、シンガーソングライター・iriとコラボ。新曲「Sparkle」が使われ、本人も出演するWeb CMを公開する。コラボミュージックビデオのフルバージョンは、2月18日24時にプレミア公開開始する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン