このページの本文へ

JAPAN INNOVATION DAY 2020 第16回

義足ユーザーの課題を解決するロボット義足【3/19体験展示】

2020年02月21日 08時00分更新

文● ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【重要】「JAPAN INNOVATION DAY 2020」の開催形態変更について

2020年3月19日に開催を予定しております「JAPAN INNOVATION DAY 2020」につきまして、新型コロナウイルスの感染予防に関する3月9日発表の政府のイベント自粛延長方針を受けまして、本イベントにつきましては、「展示取りやめ」「無観客での講演実施・映像アーカイブ配信」の形に開催形態を変更させていただきます。ご来場を予定されていたみなさまには直前でのご連絡になってしまい恐縮ですが、関係するすべての参加者の安全面を配慮のうえでの決定となりました。くわしくは、公式サイトの新着情報をご覧ください。

 IoT・ハードウェア、AIにとどまらない、フィンテックやヘルステック、スポーツテック、働き方に関連するビジネスSaaSなど幅広い事業者が集結するビジネス交流イベントが3月19日(木)、東京・赤坂にて開催される。「JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP」にて出展する、先端テック出展ブースの紹介第9弾をお届け!

■■展示ブース入場無料! 
参加登録はコチラから■■

■■ブース出展希望はコチラから■■

BionicM株式会社
『BionicM』

 義足ユーザーのモビリティを向上させるロボット義足を開発。自身が義足ユーザーである代表:孫小軍が、日々の生活で既存の義足に課題を感じ、東京大学での義足の研究を経て起業。世界最先端のヒューマノイドロボット技術を活用し、動力によってアクティブな動きをサポートする義足の製品化を進めている。

アート維新
『アート維新』

 より多くの人々がアーティストとして暮らしていける世界を目指すべく、アーティストとそれを応援するサポーターをつなげるためのマッチングサービスを提供する。

株式会社Be&Do
『Habi*do(ハビドゥ)』

 現場の支援をしながら、パフォーマンスマネジメントが可能なタレントマネジメントシステムの「Habi*do」を提供。ブースでは製品デモを確認できる。

●パルト
『肩のりロボット mugyu』

 子供の安全と安心を支える肩のりロボット。

『JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP』

【重要】「JAPAN INNOVATION DAY 2020」の開催形態変更について

■日時:2020年3月19日(木)
■イベント内容:無観客での講演実施・映像アーカイブ配信
■参加方法:事前登録者へのオンラインでの映像配信
※当日の展示、来場は中止となります
■主催:ASCII STARTUP
■■参加登録はコチラから(予約ページに遷移します)■■

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ