このページの本文へ

シャープ、5G対応で8Kカメラも備えたスマホ「AQUOS R5G」を発表

2020年02月18日 12時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは2月17日、第5世代移動通信システム(5G)に対応する、スマホのフラッグシップモデル「AQUOS R5G」を発表した。春の5Gの商用サービス開始に合わせて発売予定という。

 5G対応スマホ「AQUOS」の第1弾。5Gの高速・大容量通信を活かし、映画などの大容量動画データを数秒でダウンロードできる。搭載カメラで撮影した動画も、クラウドのストレージや動画投稿サイトなどに高速でアップロード可能。

 AQUOS初の8Kワイドカメラを採用。広い画角で迫力ある静止画や動画を撮影できるという。多くの人が集まる場所などを広範囲に撮影しても、1人1人の顔まで鮮明に記録できるとしている。独自開発のAIで動画に映った人や犬や猫といったペットを自動で認識し、ズームして再生する「フォーカス再生」機能も備えた。

 表示部には、約6.5型の「Pro IGZO」液晶ディスプレーを搭載。10億色の表現力を持ち、肌の質感や青空のグラデーションなども忠実に再現できるという。最大輝度1000cd/平方メートルを実現し、強い日差しの下でも快適に視聴できるとのこと。コンテンツに応じて輝度などを自動で調整する「HDRエンハンサー」機能も採用している。

 そのほか、CPUはSnapdragon 865、メモリーは12GB RAM/256GB ROM。CPUのパフォーマンスは2019年度モデル「AQUOS R3」と比較し、25%向上したという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン