このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! 第50回

【今月の自作PCレシピ】Windows 7 PCからの買い換えにおすすめ! ゲームも遊べる9万円アンダーPC

2020年02月15日 15時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

子供でも自作できる組みやすさを考慮
バランスいいマシンを組む

 買い換えを考えているが、まだサポートが終了したWindows 7を使っているという人をはじめ、小学校でのプログラミング教育のスタートや、中学高校進学などを契機に子供用のパソコンを考えている人におすすめなのが、今回紹介するOS込み10万円アンダーのPC自作の構成だ。

 コストをとことん重視するなら、もっと価格を抑えることは可能だが、今回はカジュアルゲーミングを楽しめ、数年間は余裕で使えるパフォーマンスを備えているという点をメインコンセプトに、子供でも自作できる組みやすさや将来的なアップグレードのしやすさなども踏まえて、2児のパパであるTSUKUMO eX. 6階スタッフの紅谷さんに構成を考えてもらった。

中央通りのTSUKUMO eX.。UDX駐車場から近いので、液晶ディスプレーなども含めたPC関連一式購入の際も便利だ

TSUKUMO eX. 6階スタッフの紅谷達俊さん。高コスパからハイスペックゲーミング、クリエイティブまで、いろいろなPC自作構成を安心して相談できる

安心のインテル Core iで組む!

 インテルのCore iや、Radeon RX 570 8GB、512GB NVMe M.2 SSD、16GBメモリーを組み合わせた紅谷さん提案のPC自作構成。その総額はWindows 10込みで8万4000円程度。フルHD液晶やキーボード、マウスといったPCに必須の周辺機器をそろえても10万円台前半になっており、そのスペックを考えるとお買得感はかなり高くなっている。

 本構成の注目点はいくつかあるが、インテルCPU採用なのはとくに高ポイントで、インテルCPUへの安心感と信頼感が強いWindows 7 PCからの買い替えユーザーに刺さることだろう。ベテラン店員紅谷さんチョイスなのでコスパもよく、GPU非搭載になるが9400円前後で4コア/4スレッド、3.6GHz~4.2GHz動作を実現している。

 メインストリームCPUは4コア/8スレッドや6コア/6スレッド以上になっている最近の潮流からみると、4コア/4スレッドは低スペックに見えてしまうが、4コア定格3.6GHz、最大4.2GHzあれば、日常使いや、写真のRAW現像・加工といったライトな作業にはまったく支障のない性能になっており、ビデオカード次第ではカジュアルゲーミングも十分オッケーになっている。

 また、PCケースには机の下だけでなく、机上でも収まりがいいコンパクトなMicro ATX規格を選んでいる。

紅谷さんがチョイスしたOS込み8万4000円前後のPC自作構成

ゲームも遊べるバランス重視の9万円アンダーPC
CPU Intel「Core i3-9100F」
(4コア/4スレッド、3.6~4.2GHz)
8480円
マザーボード ASRock「B365M Pro4」
(LGA1151、B365、Micro ATX)
8980円
メモリー Crucial「CT2K8G4DFS8266」
(DDR4-2666、8GB×2枚)
7580円
SSD ADATA「ASX8200PNP-512GT-C」
(XPG SX8200 Pro 512GB、NVMe)
7980円
光学ドライブ 日立LG「GH24NSD5 BL BLH」
(DVDスーパーマルチ)
1980円
ビデオカード MSI「Radeon RX 570 ARMOR 8G J」
(Radeon RX 570、GDDR5 8GB)
1万6182円
PCケース Antec「P5」
(ミドルタワー、ATX)
5780円
電源ユニット 玄人志向「KRPW-BK650W/85+」
(80PLUS BRONZE 650W、ATX)
5480円
OS Microsoft「Windows 10 Home 64bit DSP版」 1万3500円
小計(税抜)   7万5942円
消費税(10%)   7594円
総額(税込)   8万3536円

※価格は2月14日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

9400円前後の価格で4コア/4スレッド、最大4.2GHz動作となる「Core i3-9100F」は、Ryzenにはない選択肢だ

あると便利なDVDドライブを搭載しているので、Windows 10はDSP版を組み合わせている

無線LANボードを追加するのもあり。おすすめは、最新規格のWi-Fi6に対応するTp-Link「Archer TX3000E」だ。価格も5500円前後と手ごろになっている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中