このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

軽キャンパーから最新キャピングカーまでずらりのキャンピングカーショー2020

2020年02月11日 15時00分更新

文● 佐藤ポン 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月31日~2月2日の3日間、国内最大級のキャンピングカー展示会「ジャパンキャンピングカーショー2020」が開催された。会場は幕張メッセの1~4ホール。場内には所狭しとキャンピングカーや関連商品などが展示され、大勢のオートキャンプファンで賑わっていた。

 また、会場にはキャンピングカーや車中泊カー本体だけでなく、クルマを使ったさまざまな「遊び」を提案するスペースが用意されていた。全国のオートキャンプ場を紹介する「キャンピングカーパーク」や、クルマと防災を考える「防災ゾーン」など、キャンピングカー以外の展示にも注目が集まっていたのが印象的だった。

 本稿では会場で見かけた最新のキャンピングカーやおもしろい関連商品などを紹介する。

ハイエースを使った居住性バツグンの
キャンピングカー「AMELIA」

 エートゥゼットのブースでは、ハイエースがベース車両の最新キャンピングカー「AMELIA(アメリア)」を大々的に展示。最大6名が乗車可能な状態を確保しつつ、積載スペースも十分。こんなクルマがあったら、キャンプが楽しくなるんだろなぁと思わせてくれる一台。価格は525万8000円。

流行の軽キャンピングカー
「ミニチュア クルーズ オリーブパッケージ」

 目に優しいオリーブカラーのかわいい内装が目に引く「ミニチュア クルーズ オリーブパッケージ」は、MEGA CAR DEALER 岡モータースに展示されていた軽キャンピングカー。大勢の来場者が集まる注目の一台だった。小さいながらも車内にはテレビや給水タンク、冷蔵庫など、一通りの装備が揃っている。価格は197万3000円で、展示されていたオプションマシマシの車両は259万5750円。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ