このページの本文へ

JAPAN INNOVATION DAY 2020 第11回

5Gをカバーする60GHz帯域の高周波透磁率測定技術【3/19体験展示】

2020年02月14日 17時00分更新

文● ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【重要】「JAPAN INNOVATION DAY 2020」の開催形態変更について

2020年3月19日に開催を予定しております「JAPAN INNOVATION DAY 2020」につきまして、新型コロナウイルスの感染予防に関する3月9日発表の政府のイベント自粛延長方針を受けまして、本イベントにつきましては、「展示取りやめ」「無観客での講演実施・映像アーカイブ配信」の形に開催形態を変更させていただきます。ご来場を予定されていたみなさまには直前でのご連絡になってしまい恐縮ですが、関係するすべての参加者の安全面を配慮のうえでの決定となりました。くわしくは、公式サイトの新着情報をご覧ください。

 IoT・ハードウェア、AIにとどまらない、フィンテックやヘルステック、スポーツテック、働き方に関連するビジネスSaaSなど幅広い事業者が集結するビジネス交流イベントが3月19日(木)、東京・赤坂にて開催される。「JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP」にて出展する、先端テック出展ブースの紹介第4弾をお届け!

■■展示ブース入場無料! 
参加登録はコチラから■■

■■ブース出展希望はコチラから■■

Tohoku-TMIT
『Tohoku-TMIT』

 Tohoku-TMITは、5Gの周波数をカバーする60GHz帯域の高周波透磁率測定技術を提供する。高周波の電磁波による装置の誤動作や通信品質の低下を防ぐために磁気シールドや電波吸収体が必要とされている。この材料を評価をするために開発されたMSLプローブ(特許製品)は、被測定試料の破壊を必要としないのが最大の特徴。また、東北大学の磁性材料・磁気計測を専門とする教授3名をコンサルタントとして擁し、材料の選定や計測方法のアドバイスも請け負う。

桐生電子開発合同会社
『光センシング桐生電子開発』

 光を使って植物の状態を非破壊で計測する「光アグリセンサー」を開発している。植物の生態状態の変化の見える化が可能となり、“感”の農業の数値化が可能。また同じ技術を使って、血糖値の変化を非侵襲で計測する健康家電「体内糖バランス計」も開発。。新たな健康指標「糖バランス」により生活習慣の改善に貢献する。

株式会社ユニラボ
『日本最大級の発注業者比較サイト「アイミツ」』

 「アイミツ」は、システム開発やマーケティング、営業代行、専門士業など、ビジネスを成長させる上で日々生まれるさまざまな発注ニーズを、パートナーとして最適な受注企業とマッチングするウェブサービス。昨年は累積8万社の発注者から、依頼総額1000億円(累積)以上を達成した。

『JAPAN INNOVATION DAY 2020 by ASCII STARTUP』

【重要】「JAPAN INNOVATION DAY 2020」の開催形態変更について

■日時:2020年3月19日(木)
■イベント内容:無観客での講演実施・映像アーカイブ配信
■参加方法:事前登録者へのオンラインでの映像配信
※当日の展示、来場は中止となります
■主催:ASCII STARTUP
■■参加登録はコチラから(予約ページに遷移します)■■

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ