このページの本文へ

就活で苦戦する「海外経験アリ学生」の支援サイトが登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

留学やバックパッカーなどで海外経験があるものの、就職で苦戦する若者は少なくない。海外にいるがゆえに就職活動にフルで参加できないという理由のほかに、海外経験の強みを学生自身も十分に言語化できていないという事情もある。そんな学生たちをサポートする就職支援サービスを取材した。

海外経験のある学生を
対象にした支援サービス

旅人採用を通して就職が決まった鈴木優希さん

 海外の大学へ留学をする学生が増えている。日本学生支援機構の調査によると、2017年に海外へ留学した学生は10万5031人。ここ10年間、増え続けている状態だ。また、バックパッカーとして世界を旅する若者も多い。見知らぬ国を旅しながら、文化や習慣、言葉を学び、貴重な経験を積み重ねていく。

 こういった世界指向の若者は、好奇心旺盛で行動力があり、強い自立心を持っている人が多い。そのため、海外経験を持つ学生を採用したいと考える企業が、最近は増えつつある。

 ところが日本では、海外経験のある学生と企業をマッチングする機会が乏しいのが実情だ。

イギリスの大学へ進学し、IT企業への就職が内定した鈴木友里恵さん

 海外では大半が6月に卒業を迎える。一方、日本は3月。就職活動は3年生の3月に説明会が始まり、4年生の6月に採用試験が解禁という流れになっている。この「ズレ」が、就職活動のネックになっているのだ。結果、海外経験者は日本での就職にハンディを負ってしまうことになる。

 この問題を解決しようと始まったのが、「旅人採用」という新しい就職サービスである。文字通り、世界を旅する若者と企業をつなぐ橋渡しを行っている。

 イギリスの大学へ進学した鈴木友里恵さん(23歳)は、この旅人採用を通して、IT企業への就職が内定した。

「海外にいると日本国内の会社を知る機会が少ないのです。ボストンキャリアフォーラムのような留学生向けの就職イベントはありますが、応募者が多いため、就職にこぎつけるのは難しい状況でした」(鈴木友里恵さん)

 海外経験を生かした仕事をしたいと考えた鈴木さんは、ネットで旅人採用を知り、5月に登録をする。

「海外経験を持つカウンセラーさんと、SNS上で相談を進めていきました。私の希望や条件をじっくり聞き出して適した会社を紹介してくれて、ありがたかったです」

 そこで提案されたのが、内定先のITベンチャー企業だった。

履歴書からは見えてこない
海外経験者の「強み」とは

 鈴木優希さん(25歳)もまた、旅人採用で就職をした1人だ。ジャパングレイスという世界を巡る船旅を主催する企業に2019年2月に入社し、現在は寄港地でのツアーの企画や手配を担当している。彼女はオーストラリアに1年留学した経験を持ち、英語を生かした仕事を希望していた。

「最初は、どんな仕事をしたいのかが漠然としていたのですが、カウンセラーさんとやりとりするうちに、少しずつ具体的になっていきました。海外経験が生かせる職業を第1条件にしていましたが、それに合う企業を提案してくれたおかげで、良い仕事に就くことができました」(鈴木優希さん)

 入社後は得意の語学力を駆使して、すでに10カ国以上飛びまわり、忙しい毎日を送っている。

 旅人採用は、観光ではない海外経験を持つ人を対象にしている。新卒の学生は「5カ国以上の訪問、または1カ月以上の滞在経験」、既卒者は20代限定で「10カ国以上の訪問、または3カ月以上の滞在経験」を持つ人となっている。現在5500人が登録しており、採用企業は250社を超えている。

 運営メンバーは全員が、世界一周や留学、ワーキングホリデーなどの海外経験を持っており、応募者の状況や気持ちを理解できるスタッフが揃っている。

海外経験者の支援を行っている、旅人採用プロジェクトマネージャーの田村彰康さん

 なぜ、海外経験を持つ若者への就職サービスを始めたのか、カウンセラーの1人、田村彰康さんに取材をした。田村さん自身も26歳で世界一周の旅を経験している。

「海外経験を持つ人材を採用しようという企業は徐々に増えてはいますが、まだ日本での就職活動は不利という現実があります。見知らぬ土地を回って経験を積んでいくと、自ずと主体性が育まれますし、異なる文化も理解できます。海外で得た知見をもっと日本の社会で生かしてほしい、というのが旅人採用を立ち上げた理由です。海外経験者は、タフで意思決定能力が高く、好奇心や行動力も旺盛です。こういった能力は、従来の履歴書優先の就職活動ではなかなか伝えられません」(田村さん、以下同)

充実したカウンセリングで
やりたいことを明確化

 既存の就職サービスと違い、旅人採用では、カウンセリングを通して登録者一人ひとりとじっくり向き合っていく。時間をかけて、その人に適した仕事を一緒に見つけていくスタイルを採っている。

「大半の学生は、この仕事に就きたいという明確な希望は持っていません。ですので、旅で身につけたことを振り返り、言語化していくよう促しています。そうすると、少しずつやりたいことが明確になっていきます。押し付けるのではなく、コミュニケーションを取りながら、何をやりたいかを自分自身で気づいてもらうように心がけています。海外を旅すると、各地で社会問題を目の当たりにする機会があります。その経験をきっかけに、国際社会に貢献できる仕事に就きたいという人が多いですね。こういった彼らの願いを叶えるための支援が、我々カウンセラーの役目だと思っています」

 海外への留学生が増えている一方で、就職サポートは手薄なままという現状を変えていこうと始まった旅人採用。安心して海外へ飛び出し、学ぶことができる社会を目指している。

(吉田由紀子/5時から作家塾(R))

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ