このページの本文へ

スマートフォンベンチマーク 第22回

au「AQUOS zero2 SHV47」の実力をベンチマークで確認!

2020年01月31日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Snapdragon 855搭載で、約141gの超軽量ボディー
au「AQUOS zero2 SHV47」実力チェック

 今回実力をチェックするのは、auのシャープ製スマートフォン「AQUOS zero2 SHV47」。1月31日の発売で、auオンラインショップでの支払総額は6万4800円。なお、AQUOS zero2はドコモ、ソフトバンクからもリリースされる。

AQUOS zero2 SHV47の特長をチェック

特長1:10億色の表現力をうたう6.4型ディスプレーは、毎秒240回の画面書き換えに対応
特長2:Snapdragon 855を搭載しながら、約141gの超軽量ボディーを実現
特長3:約1220万画素(標準)+約2010万画素(広角)の2眼カメラ搭載

【テスト】ベンチマーク

ベンチマークアプリを3回実行し、3回中もっとも高いスコアを掲載

AnTuTu Benchmark 7

3DMark(Sling Shot Extreme Unlimited OpenGL ES 3.1)

3DMark(Sling Shot Extreme Vulkan)

【テスト2】カメラ作例

スマホカメラの撮影モードはデフォルト、編集部の撮影台に設置したミニ三脚に固定して定点撮影
屋外撮影は市ヶ谷橋の定点位置から南方向を撮影

定点撮影(標準)

定点撮影(広角)

定点撮影(2倍)

定点撮影(8倍)

屋外撮影(標準)

屋外撮影(広角)

屋外撮影(2倍)

屋外撮影(8倍)

au「AQUOS zero2 SHV47」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 6.4型有機EL
画面解像度 2340×1080
サイズ 約74×158×8.8mm
重量 約141g
CPU Snapdragon 855
2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB
内蔵ストレージ 256GB
OS Android 10
無線LAN IEEE802.11ac
カメラ アウト:約1220万画素(標準、F値1.7)
+約2010万画素(広角、F値2.4)
/イン:約800万画素(F値2.2)
バッテリー容量 3130mAh
ワンセグ/フルセグ ×/×
FeliCa/NFC ○/○
防水/防塵 ○/○
生体認証 ○(画面内指紋、顔)
連続通話時間 約2350分
連続待受時間 約580時間
(4G LTEエリア/WiMAX2+エリア)
USB端子 Type-C
カラバリ アストロブラック、ミスティホワイト

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン