このページの本文へ

CPUは4種類から選択可能、光学ドライブを装備、Wi-Fi 6/LTEを搭載可能

タイピングしやすい新設計キーボード搭載の15.6型ノートPC「MousePro NB5」シリーズ

2020年01月27日 17時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューター は1月27日、法人向けパソコンブランドMouseProから15.6型スタンダードノートパソコン「MousePro NB5」シリーズを発売した。

 用途に合わせてCPUは4種類(Celeron 4205U/ Core i3-8145U/Core i5-8265U/ Core i7-8565U)から選択できるほか、メモリーやストレージ容量も柔軟に組み合わせることが可能。光学ドライブ内蔵可能で、DVDスーパーマルチ/ブルーレイ/DVD-ROM/非搭載から選択できる。

 無線LANは標準のIEEE802.11acからWi-Fi 6対応の無線LANモジュールに変更できるほか、LTEモジュールの内蔵にも対応する。

 キーボードは、主要キーがキーピッチおよそ19mmとタイピングしやすさを重視した幅となっており、テンキーは主要キーエリアから適度なスペースを設けて配置されていてタイプミスを軽減できるという。SDメモリーカードリーダーやアナログD-Sub端子も備え、USB Type-CはUSB Power Deliveryに対応しており対応機器からパソコン本体の充電 が可能。

 価格は、Core i5-8265U/8GBメモリー/256GB SATA SSD/DVDスーパーマルチドライブ搭載モデルで9万3280円。

  マウスコンピューター

カテゴリートップへ

マウスコンピューター