このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第144回

月2980円で通話し放題&月1GB auのケータイ向けシンプル料金プランに加入した

2020年01月26日 12時00分更新

文● 正田拓也 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「フィーチャーフォン」とも呼ばれる、昔ながらのケータイを使おうとしたり、親に持たせようとしても、わかりやすくてちょうどいいプランがないと嘆いていた人は多いと思う。

 たとえば通話料は通話定額で抑えられても、データ通信をするとすぐに料金が跳ね上がったりするプランもあった。そんな問題を解決するような、auの新プラン「ケータイカケホプラン」「ケータイシンプルプラン」が登場したので、今回はこの両プランを詳しく見るとともに実際に契約してみた。

国内通話し放題に月1GBのデータ通信が付いて税抜月2980円とシンプルに使える、auのケータイ向け新プランが「ケータイカケホプラン」

国内通話がかけ放題でメールをかなり使っても月2980円
わかりやすいワンプライスの料金

 まず注目すべきは「ケータイカケホプラン」。国内通話がかけ放題で、データ通信も1GBが付いていて月2980円(以下、すべて税抜)だ。実際にはユニバーサルサービス料の2円(2020年1月現在)と消費税がプラスされる。

“ガラホ”などとも呼ばれるauの4G LTE対応ケータイで利用できる

 従来はデータ通信をそれなりに使えばもっと高額になってしまうプランばかりだったが、このプランは月1GBまでという上限があり、これ以上に勝手に料金が上がってしまう心配がない。1GBあればケータイユーザーには十分すぎる量で、写真が添付されているようなメールが相当たくさん届いても大丈夫なはず。一部の特殊な電話番号にかけなければ請求額が一定というのも安心だ。LTE NETといったISP料なども含まれている。

 しかし、auのサイト上の説明を見ると、ケータイ(4G LTE)用プランということだけで細かな情報がない。格安SIMを使い倒している人からすれば、この契約のSIMをDSDV機に挿入し、データ通信は別の格安SIMを使えば、かけ放題の音声回線と格安なデータ通信を1台のスマートフォンで使えると考えるかもしれない。

 この点については後述するができないようになっている。とは言え、2980円でかけ放題というのはお得だ。複数回線を契約したときの割引後ではなく、単独回線で利用してもこの金額。たくさん電話をかける必要がある人、電話好きだがスマホはよくわからない、孫の写真を送ってもらうのにメールは結構使うというような世代にも適したプランと言える。

音声通話をしないのなら月額1200円~

 同時に登場した月1200円の「ケータイシンプルプラン」は、音声通話は可能だが無料通話分はなく、データ通信量も月100MBと少ない。しかし、フィーチャーフォンにとっての100MBはテキストメールを少しやりとりするくらいなら必要十分とも言える。

 しかも、このプランはケータイカケホプランと同様に、他にLTE NETやパケット代はかからない。発信しなければ支払うのは月1200円ポッキリだ(+ユニバーサルサービス料2円と消費税)。

 もし、国内通話定額を付けたければ月700円の追加で1回5分まで、月1700円で通話時間制限なく、かけ放題となる。ただし、後者をプラスした場合は月2900円。それならば前述の「ケータイカケホプラン」の月2980円のほうがいいだろう。

 1回5分までの通話が多い場合や、着信メインの使い方ならこのプランが適している。あまり外出しないで、自宅内で使うならWi-Fi設定しておけばデータ量も消費しない。この両プランに対応したケータイは4G LTE対応のいわゆる“ガラホ”なので、フィーチャーフォンでもWi-FiやLINEが利用できる。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン