このページの本文へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第144回

月2980円で通話し放題&月1GB auのケータイ向けシンプル料金プランに加入した

2020年01月26日 12時00分更新

文● 正田拓也 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

端末持ち込みで申し込むには
auショップなど店頭に行く必要あり

 4G LTEのケータイ購入と同時なら、「au Online Shop」で契約できるほか、もともと4G LTEケータイ用を使っている場合であれば、ネット上でもプラン変更の手続きが可能だ。しかし、手持ちの4G LTEケータイを使って新規契約したり、スマートフォン向けのプランから変更する場合は、auショップで手続きする必要がある。

4G LTEケータイを持っていれば、auショップでSIMを発行してもらえる

 新規契約ならすぐ使えるが、問題は手持ちの機種を使ったプラン変更。すぐには使えず翌月適用となる。たとえば、FeliCa対応のAndroidスマートフォンを使っている場合は、有料でのSIM交換が必要だ。その場合、店頭でSIMを交換されてしまうがプラン適用は翌月。auのスマートフォン向けプランの場合、IMEIによるネットワークの制限はかけていないため、実際にはSIMが変わっても使えたが、SIMとプランの整合が問題なのか、翌月になるまでは動作保証がない旨を案内される。

 元がiPhoneでの契約のSIMの場合は、サイズが合っていればそのまま使えるようだが、この場合も店頭で手続きが必要で、プラン適用は翌月となる。それでも用意した4G LTEケータイにSIMを差し込めば、電話もネットもキャリアメールもスマートフォンのプランのまま動作していた。

 本来、SIMを交換するなど契約が大きく変わるならば、機種の購入にかかわらずプラン適用は即時適用であるべきで、au機なのに動作保証がないようなことはあってはいけないはずだが、翌月までは中途半端な状態で使わざるをえない。手持ち機種を使ってプラン変更を検討している場合は、確実な動作をさせるためには月末間際に変更したほうが安心だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン