このページの本文へ

【2020年提出】確定申告ガイド 第26回

【2020年提出】確定申告、アルバイトは必要?

2020年01月26日 09時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 じわじわと近づく確定申告シーズン。確定申告とは、ざっくりいうと、「1年間の事業の儲け」と「収める税額」を自分自身で税務署に報告することです。

 対象者はさまざまいるわけですが、「アルバイト」の場合は該当するのでしょうか。する必要がまったくないのか、それとも条件次第なのか、改めて確認していきましょう!

会社勤めのサラリーマンやアルバイトは基本的に必要ない
個人事業主や、副業で20万円以上の所得を得ている人などが対象

 会社勤めのサラリーマンやアルバイトなどで「給与」所得だけをもらっている人なら、基本的に確定申告の必要はありません。雇用している会社が、所得税分を給料から天引きして代わりに税務署に払ってくれているからです。

 もっとも、年間の給与収入が2000万円を超える人は、確定申告が必要です。また、給与所得および退職所得以外の所得があり、その金額が20万円を超えている場合も、確定申告をしなければなりません。つまり、投資や副業などで20万円以上の所得(収入から必要経費を差し引いたもの)があったりすれば、確定申告の対象者ということになります。

 ライターやカメラマンなど会社に所属していない、いわゆるフリーランスの人たちは個人事業主として確定申告をしなければなりません。また、編集者やウェブディレクターといった職種で会社で働いてはいるものの、雇用形態は業務委託契約なので、実は個人事業主というケースもあります。当然ながらこういった人たちも確定申告をする必要がありますね。

 同時にアルバイトなどで2ヵ所以上の会社から一定額の給与を得ていて、給与の全部が源泉徴収の対象となる人で年末調整をしなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える場合や、個人事業主の使用人などで源泉徴収が行われていない人も確定申告が必要です。

カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新