このページの本文へ

【新AI教材】ディープラーニングでロボットカーを自動走行!

アフレル
2020年01月24日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アフレル
~TensorFlowを用いた深層学習の推論モデルを作成から強化学習までロボットで実践~

株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英、以降「アフレル」)は、ロボットカーの自動走行システムをつくることで深層学習(ディープラーニング)技術を体験的に学ぶ教材「ロボットではじめる深層学習 TensorFlow×教育版EV3自動走行」を開発いたしました。本教材は、AIエンジニアに必要な「深層学習」を座学だけではなく、カメラを搭載したロボットカー(教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3※1)で画像データ収集を自動化し、TensorFlow※2を用いた深層学習でロボットカーを自動走行させていく実践的な教材です。新発売を記念し、特別価格で販売するキャンペーンを2020年3月29日(日)までの期間限定で実施いたします。(URL: https://ai.afrel.co.jp/campaign/ )




AIのビジネス活用が急速に進む中、AIの導入や普及を担う人材不足が深刻になりつつあります。AI人材の役割はいくつかありますが、AIエンジニアに必要な「機械学習」や「深層学習」をこれから学ぶ学生や社会人向けに、教育版レゴ(R)マインドストーム(R) EV3を活用した実践型教材を開発いたしました。座学だけではなく、ロボットカーによる画像データ収集の自動化、TensorFlowを用いてロボットカーを自動走行させる「学習」「推論」といった一連の流れを体験することで、自ら実装する力が身に付く教材です。

教材概要





キャンペーン概要
キャンペーン期間:3月29日(日)ご注文受付分まで(2020年3月上旬ごろより出荷開始)
URL: https://ai.afrel.co.jp/campaign/

対象商品
ロボットではじめる深層学習 TensorFlow×EV3自動走行セット





ご購入や商品に関するお問い合わせはアフレル/カスタマーセンター(https://afrel.co.jp/contact)までご連絡ください。



※1:教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3
MIT(マサチューセッツ工科大学)とレゴ社の協力により開発されたロボットプログラミング教材で、これまで世界70カ国以上、5万以上の教育機関で採用されている他、多数の企業でプロトタイプ開発や人工知能を活用した研究・実験等に活用されています。CPUを内蔵したインテリジェントブロックとセンサーやモーター、ギアで自在にロボットを組み立てられ、作成するプログラムによって自律制御が可能で、ロボティクス、ソフトウェア開発、人材育成・教育を強力にサポートする教材です。


※2:TensorFlow
Googleが開発しオープンソースで公開している、機械学習に用いるためのフレームワークで、世界中で広く活用されています。



【株式会社アフレルについて】 https://afrel.co.jp/


明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ