このページの本文へ

スマホホルダーも装備、影なし撮影が簡単に

明るさと色合いが調整できる撮影用LEDリングライト、上海問屋から

2020年01月24日 12時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は1月23日、色合いと明るさ調整が可能な撮影用LEDリングライトを発売した。

 120灯のLEDで被写体を広範囲に明るく照らすリング型の撮影用補助ライト。10段階の明るさ調節と16色の色合い変更も可能。また、4通りのパターンでLEDを点滅させることができ、動画撮影やイルミネーション用のライトとしても利用できる。

 明るさや発色は付属リモコンで操作。電源はUSB(5V/2A)なのでUSB充電器やモバイルバッテリーで利用できる。サイズはおよそ直径26×厚み1.6cm、三脚に固定可能なネジ穴(1/4インチ)を持つ雲台を装備するほか、スマホホルダーも付属する。価格は2849円。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ