このページの本文へ

Neonode「AirBar」

ノートPCの液晶にタッチ機能を追加するUSBデバイス「AirBar」

2020年01月24日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ノートPCにタッチ機能を追加するNeonodeのUSBデバイス「AirBar」がテックウインドから発売された。サイズ別に3モデルがラインナップする。

ノートPCにタッチ機能を追加するNeonodeのUSBデバイス「AirBar」

 「AirBar」は、タッチ操作非対応のWindows 10搭載ノートPCをタッチ操作可能にするデバイス。画面の下に取り付け、USBポートにコードを差し込むだけで、画面でピンチやスワイプなどタッチ操作が可能になる。キーボードやマウスでの操作よりも直感的で簡単に操作することができ、鉛筆や手袋なども反応するという。

ピンチアウトやピンチイン、スワイプなどのタッチ操作が可能に

 ラインナップは、13.3インチ「AIRBAR133」、14インチ「AIRBAR140」、15.6インチ「AIRBAR156」の3種類。スマホやタブレットのように、素早く直感的な操作ができるため、手書きでメモを取ったり、子供向けのPCに取り付けたりなど、さまざまなシーンで使えるとしている。なお、電源はUSBバスパワーとなる。

直感的で簡単に操作することができ、鉛筆や手袋なども反応する

 価格は1万2980円。テクノハウス東映で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中