このページの本文へ

税込み3万円台Radeon RX 5600 XT搭載では最安クラスのビデオカードを玄人志向が発売

2020年01月23日 23時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCパーツブランド「玄人志向」は1月25日から、AMDの最新GPU「Radeon RX 5600 XT」を搭載したビデオカード「RD-RX5600XT-E6GB」を発売する。想定売価は3万8478円。

 Radeon RX 5600 XTは、AMDの最新グラフィックスアーキテクチャー“RDNA”を採用した、フルHD(1080p)画質でのゲーム体験に最適化されたGPU。

 画面のちらつきやティアリングを抑えるAMD FreeSyncテクノロジーや、入力と表示の遅延時間を短縮するRadeon Anti-Lagテクノロジーにも対応し、eスポーツタイトルなどでの快適さも高めているという。

 玄人志向のRD-RX5600XT-E6GBは、メモリークロックは12Gbps、ブーストクロックは1620MHz。出力インターフェースはDisplayPort×3、HDMIを搭載し、補助電源は8pinを1基備えている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Radeon記事アクセスランキング