このページの本文へ

IIJ、Google Cloud Platformのライセンス販売を開始

2020年01月22日 18時00分更新

文● 大谷イビサ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットイニシアティブは、クラウドサービスのラインアップを拡充し、Google Cloud Platformのライセンス販売を2020年1月22日より開始する。

 各種クラウドサービスのライセンスを販売する「IIJクラウドサブスクリプションライセンス」のサービスラインアップに追加し、「IIJクラウドサブスクリプションライセンス/GCP」として提供する。IIJでは、GCPのリージョンとお客様のサイト間を、インターネットを介さずにセキュアな閉域網で接続する「IIJクラウドエクスチェンジサービス」を提供しており、安全かつシームレスなネットワーク環境下で、柔軟なマルチクラウド環境を構築・運用を実現する。

 IIJは自社のクラウドサービス「IIJ GIO インフラストラクチャーP2」に加え、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Office 365、Microsoft Azure、VMware Cloud on AWSなどのクラウドサービスを提供し、マルチクラウド利用のニーズに対応してきた。今回、GCPを追加することにより、さらに選択肢が広がり、ユーザーのさまざまな要望に応えられるようになったという。

 利用料金は個別見積もりとなる。

カテゴリートップへ

ピックアップ