このページの本文へ

チャットボットやコールセンター、業務マニュアルなど各種の用途に利用可能

各種FAQの精度を向上させる自然言語処理エンジン「Qontextual」

2020年01月20日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エクサウィザーズは1月16日、 FAQ検索エンジン「Qontextual」(コンテクスチュアル)の提供を開始した。

 質問回答、文章分類、意味検索など、文章に関連した課題を解決するための言語処理システム。ディープラーニングを用いた汎用言語表現モデルを実装、Q&Aデータの学習・再学習の高速化を実現したことにより、質問の文脈に合わせて検索意図に最も近いものを自動検索、適した順に回答可能だという。

 従来のQ&Aシステムなどにおいて、自然文で検索してもうまく回答が出ないといった課題を解決するものとしており、ウェブサイト内の検索高度化、コールセンターの業務支援、窓口業務支援、チャットボットの回答精度の向上、社内マニュアルなどの検索高度化、技術職のマニュアル代替といった各種の業務に活用できるとしている。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ