このページの本文へ

編集部オススメ今週のスイーツ 第9回

令和の大福的なスイーツ:

ローソン「モチクルン苺レアチーズ」何個でも食べられますわ

2020年01月26日 15時00分更新

文● モーダル小嶋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「モチクルン -おもちでくるん苺レアチーズ-」
ローソン
255円
http://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/200114_928437.html

 わりと甘いものが好きな人が多いアスキー編集部の総力を結集し、いま食べてほしい、コンビニやスーパーなどでオススメのスイーツを紹介する連載。第9回はローソン「モチクルン -おもちでくるん苺レアチーズ-」です。

モチでクルンと巻いたようなやつ

「モチクルン -おもちでくるん苺レアチーズ-」

 モチクルンです。ポケモンみたいな名前ですが、ローソンの新スイーツです。ぎゅうひを使ったスイーツ。「バスチー」もそうですけれど、ローソンはこういうものを先駆けて出すイメージがありますね。今後、他のコンビニで追随していく可能性もあります。

220kcal

 ふわふわのチーズクリームと、いちごの甘ずっぱいソース、スポンジを組み合わせた和洋折衷スイーツ。もちもちのぎゅうひと、レアチーズクリームのふんわりとした食感が楽しめるとうたいます。

見た目は長方形の大福

シンプルながら組み合わせがよくできている

食感がポイント

 食べてみると、まず、ぎゅうひのモチっとしたボリューム感が楽しい。思っている以上にやわらかく、トロ~ンとした食感で、中にあるスポンジの固さとコントラストが付いているのがたのしいですね。大福のような食べごたえを想像するかもしれませんが、もうちょっとソフト&ライトといった雰囲気です。

断面はこんな感じ

 レアチーズクリームのしっかりした味わい、いちごの酸味も、舌触りによく合っています。ぎゅうひのもっちり感と相性のよい味わい。シンプルな作りではありますが、それぞれの素材のバランスがよく考えられていると思います。

見た目ほどスポンジがしつこくはない

 スポンジをぎょうひで包んでいるのでしつこいかと思いきや、意外とさっぱりと食べられます。レアチーズクリームの味わいが濃すぎないのがポイントでしょう。何個でも食べられる感じがありますね。

 難点としては、手でもって食べにくいところです。外側は粉がついている上にとてもやわらかいので、指がベタベタになります。フォークを使って食べることをオススメします。


モーダル小嶋

 

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。編集部では若手ともベテランともいえない微妙な位置。一人めし連載「モーダル小嶋のTOKYO男子めし」もよろしくお願い申し上げます。

■関連サイト

 

■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!