このページの本文へ

コスパは正義!シャオミ「Mi Smart Band 4」レビュー

2020年01月19日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

活動記録の確認はAndroid/iOS対応の「Mi Fitアプリ」から行える

活動記録をアプリで細かく「見える化」できる

 スマートバンド4は、価格が4000円台を切るデバイスでありながら、機能がとても充実している。筆者もすぐにはその全容を把握し切れなかった。

 アクティビティトラッキングの活用方法は、おもにふたつの道に分けられると思う。ひとつは毎日の健康管理を目的としたアクティビティトラッキング、もうひとつがランニングやサイクリングなど健康増進のためのワークアウトの記録だ。

スマートバンド4は身に着けているだけで軽いウォーキングやアクティビティの記録を残してくれる。アプリから毎日の活動記録が振り返られる

アプリから「座りすぎ通知」を設定。「勤務時間中」など通知を行う時間帯も設定できる

 アクティビティトラッキングについては、スマートバンド4を手首に装着しながら過ごすと、歩数や消費カロリーの目安などが自動的に記録される。現状は本体のディスプレイで、常時モニタリングできる。モバイルアプリの方にも履歴が残るし、過去の活動記録の平均値なども見られる。自身の活動データをシェアすることに同意すれば、他のスマートバンド4のユーザーと活動量などの比較できる。

 たとえば早歩きまでの簡易なウォーキング、家事などで体を動かした時の軽めなアクティビティも記録とモバイルアプリで「見える化」ができる。脂肪燃焼量、ダイエット効果などもあくまで目安ながらも示してくれるので、体を動かすことをがんばって続けたくなる。

1時間以上動かないままでいると、手首のバンドが振動して知らせてくれる

 筆者は原稿を書いている間は1時間以上、平気で椅子に座りっぱなしになることもあるので、アプリから設定できる「座りすぎ通知」が重宝した。1時間以上動かないままでいると、手首のバンドが振動して知らせてくれる便利な機能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ