このページの本文へ

現在地筒抜けアプリが中高生に人気、親はどう向き合うべきか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

わが子にスマートフォンを買い与えたところ、四六時中スマホで遊んでいる。中高生くらいの子どもを持つ家庭なら珍しくない光景だ。しかし、わが子がスマホで何をしているか、誰と交流しているか、知っている親はどれくらいいるだろうか。現実とネットの境界が希薄な若者たちの最新SNS事情と、わが子が事件に巻き込まれないために親ができる対策を、ITジャーナリストでスマホ安全アドバイザーの鈴木朋子氏に教えてもらった。(清談社 ますだポム子)

進化する中高生のSNS事情
トレンドは「位置情報」の共有

SNSを楽しむ女子高校生
いつもつながっていたいけれど、面倒なやり取りはしたくない...そんな若者た地に人気なのが、位置情報共有アプリだ Phto:PIXTA

 内閣府が発表した「平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、中高生のスマートフォン利用内容でもっとも多いのが「コミュニケーション」だった。その割合は、高校生が91.1%、中学生が84.5%と、スマートフォンを使っている時間のほぼ大半をコミュニケーションに費やしていることが分かる。

 スマホを介したコミュニケーションというと、SNSでのメッセージやスタンプの送り合い、電話やビデオ通話などを想像するだろう。今はそれらに加えて、より若者の心理を把握したツールが人気だという。

「Instagramの『ストーリーズ』は人気ですね。ストーリーズは24時間で投稿が消えるうえ、文章がなくても写真のみで投稿できる気軽さが、やり取りをより簡単にしたい今の若者にウケています」(鈴木さん、以下同)

 昨今の中高生はメッセージのやり取りを煩わしく思い、最小限化したい傾向にあるという。事実、少しでも文字を入力する手間を省こうと、「了解」という言葉すら「り」と省略するのだ。最近では、そうしたニーズを押さえたサービスまで登場してきているという。

「休みの日に『今日は何してる?』、待ち合わせのときに『今どこにいる?』、と友達に連絡をすることはよくありますよね。イマドキの中高生のなかには、こうしたささいなメッセージの送受信すらおっくうに感じてしまう子も多く、位置情報を共有できる『Zenly』というアプリがはやっているのです」

「Zenly」は、友達と位置情報を共有することができ、誰がどこにいるのか、誰といるのか、何時間くらい滞在しているのかまでを、詳細に知ることができるアプリだ。相手の現在状況が分かるので、待ち合わせ時の合流をスムーズにしたり、家にいると分かれば気軽に遊びに誘ったりでき、文章による質問の手間を省くことができる。

自分の行動が筒抜けになる
アプリが大人気

 だが、こちらに相手の行動が分かるのと同様に、自分の行動も相手に筒抜けなのがZenlyだ。滞在時間を見れば、自宅やアルバイト先を特定されてもおかしくない。SNSをのぞくと「Zenlyやってる人、つながろう」と、見ず知らずの他人と位置情報を共有している若者も数多く存在する。

「デジタルネイティブ世代は、自分のプライベートが公開されることに対して、あまり気にしていない子が多いのです。Instagramのストーリーズに搭載されている『ライブ』という動画配信機能を使い、自分のプライベートを頻繁に発信している子も多いですよ。たとえば、『学校からの帰り道が1人だとつまらないから、誰かインスタライブで話そう』と、通話の代わりにライブ配信をするなど、常に誰かとつながっていたい気持ちが強いのです」

 知らない相手だろうと、誰かと常時コミュニケーションをとっていたい。その気持ちから、不特定多数に個人情報を垂れ流してしまう。SNSの発達によりコミュニケーションがとりやすくなったことで、人と人の距離が異常なまでに近くなっているということなのだろう。しかし鈴木さんは「近くなりすぎるからこそ、彼らはうまく距離をとっていますよ」という。

「たとえば、TwitterやInstagramなどのSNSでは、複数のアカウントを持つことが普通です。高校の友達用、趣味用、とくに仲が良い友達用など、相手によって発信する内容が変わるので、アカウントを分けているみたいです」

 誰とでも近距離というわけではなく、SNSごと、さらにそのアカウントごとで、それぞれの自分の存在を確立し、切り分けるのが、イマドキの中高生の作法のようだ。

「自分がどう見られているかを気にする意識が強いため、アカウントごとにキャラを使い分けるようですね。高校でSNSを利用し始め、大学入学前には大学用のアカウントをつくる、という子が非常に多いです。とくに最近は、入学前にSNS上で『#春から◯◯(進学先の学校名)』というハッシュタグで交流する子も多い。キャラが確立する前に新たなアカウントで、そこでの自分の存在や相手との関係をゼロからつくり上げていくことが一般化してきています」

個人情報公開の危険性を
なぜ若者はスルーするのか?

 SNSが新環境での友達づくりのきっかけにもなるため進学先をオープンにするが、こうした行為にもさして危機感を覚えない子が多いという。実際にTwitterで「#春から◯◯」に出身高校の名前を入れて検索したところ、多くの中学生が出身中学や本名、顔写真などの個人情報を一般公開しながら交流していた。このように若者のネットリテラシーの低下が著しいが、学校側は危険性を教えてはくれないのだろうか。

「当然、授業では『本名、住所、学校名、顔など、個人が特定できる情報をネットに出すのは危険』と教えています。実際、2019年10月には、とある女性アイドルが、ファンに自宅でわいせつ行為に及ばれた事件が報じられましたが、これも、SNSにアップした自撮り写真の、瞳に写った景色を手がかりに最寄り駅や自宅の場所を特定していましたよね。ネットに個人情報をさらすことの危険性は、今も昔も変わっていません」

 学校の授業や、テレビで流れるニュースでも、ネットに個人情報を出すことの危険性が示されている。それでも若者が大して警戒しないのは、学生ゆえの生活圏の狭さが関係しているという。

「学生にとって『社会』というのは、学校と家庭のみ。あっても、バイト先や習い事くらいのものです。自分の『社会』のなかには事件にまで発展するような不審者はほとんどいませんから、SNS上でそうした人の存在を見掛けたとしても、『とはいえ、自分の“社会”とは無関係の人物』と認識してしまうのです」

親もSNSを知っておくことが
わが子を守ることにつながる

 たとえTwitterで見知らぬ人からDMが届いても不気味に思うだけ。だが、それがなんらかの事件の入り口であり、わが子がその入り口に立っていることは紛れもない事実なのだ。保護者にはどんな対策がとれるのか。

 鈴木さんは「デジタル面とアナログ面の双方向から守ること。そのために大前提として、親もSNSを知ることが大事です」と主張する。

「まず、それぞれのSNSがどんなサービスで、どんな機能があるのかを知らないことには始まりません。たとえば、TwitterのDMは受け取れる相手を制限できるとか、アカウントの公開範囲を決められるとか。そうしたデジタル面でのルールを知ったうえで、『このルールを守って使ってほしい』と、子どもと話し合うといいでしょう」

 SNSは危険や恐怖もあるが、もちろんメリットも大きい。ルールを知りもせず、むやみやたらに『あれはダメ、これはダメ』と制約してはナンセンスだし、余計に子どもが反発しかねないのだ。

 もう一つ、アナログ面では、子どもがSNS上で覚えた違和感を、気軽に口にできる親子関係をつくっておくことが肝心だという。

「『Twitterで知らない人からDMが届いて、遊びに誘われた』など、ささいなことでも、異変を子どもが気軽に話せる親子関係をつくることで、被害を食い止めることができます。そのためには、親が専門用語や仕組みを理解して対等に話せないと、子どもは『SNSの話をしても分かってもらえないし…』と、説明が面倒で口を閉ざしてしまう。子どもをSNS上の危険から守りたいなら、親も知識を持っておくことはマストです」

 ネット上での交流が苦手であれば、無理に発言する必要はない。大切なのは、SNSごとの機能や特性を知っておくことだ。知るだけで安心することもあるだろうし、知らなければ「わが家のSNSルール」を作ることもできない。

「鈴木家では、『新しいアプリをインストールするときは、まず親に相談する』というルールを設けています。どういう目的でそのアプリを入れたいのか、子どもの意見を聞いたうえで、『この使い方だけは守ってね』と約束してもらっていますね。実際、高校生の娘が『Zenly』を使っていますが、『すでに住所が知られている地元の中学の同級生とのみつながる』という決まりのなかで楽しんでもらっていますよ」

 親、子、SNSの三者すべてがつながっていることが、これからの情報化社会で家族を守るすべなのだ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ