このページの本文へ

イオン23年ぶりの社長交代発表、岡田現社長は将来の「世襲」に含み

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
緊張した面持ちの吉田次期社長(左)の隣で、不機嫌丸出しだった岡田社長
緊張した面持ちの吉田次期社長(左)の隣で、不機嫌丸出しだった岡田社長 Photo by Satoru Okada

「交代はかねてから思っていて、ああ、今日なんだという感じ」――。1日10日の社長交代を発表した記者会見で、交代の理由や心境を聞かれても、ぶっきらぼうな回答に終始したのは、小売の巨人・イオングループを率いる岡田元也社長である。3月1日付で代表権のある会長となり、後任にはディベロッパー事業担当の吉田昭夫副社長が就く。岡田社長は長男である尚也氏への将来的な世襲について含みを持たせたが、吉田新社長を待ち受ける総合スーパー事業の立て直しと、デジタル戦略の再構築という課題は、決して容易ではない。(ダイヤモンド編集部 岡田 悟)

退任の理由や心境について多くを語らず
難航した岡田社長の後継者選び

「特にないです」――。

 国内最大手の流通の巨人・イオン。23年ぶりとなる社長交代を発表した記者会見の冒頭、司会者から発言を求められた岡田元也社長は、こんな素っ気ないコメントで挨拶を始めた。

 岡田社長らしいジョークの一環なのだろうが、質疑応答では記者の質問にまともに答えない場面も見られるなど終始不機嫌。終了後は社長交代会見でお決まりのフォトセッションすらなく、後任に決まった吉田昭夫副社長とともにそそくさと会場を後にした。最前列で2人が握手する写真を狙っていた報道各社のカメラマンからは「えー」「嘘だろう」といった驚きの声が漏れた。

 傘下でコンビニエンスストアを運営するミニストップの藤本明裕社長でさえ「事前に何も知らされていなかった。何もわかりません。何も聞かないでください」と驚きを隠せなかった突然の交代発表だった。質疑応答でも岡田社長は、自身の退任を決めた理由や発表のタイミングについて問われた際に、「タイミングに意味はない」「(社長に)なった時から次にはそう(退任することに)なる」などと、答えをはぐらかすかのような言いぶりも目立った。「肩の荷が下りたような感じなのか。心境は?」と聞かれても、その質問には答えなかった。

 なぜ、こうも不機嫌なのか。ある小売業界関係者は、「岡田社長は十数年前から辞意を周囲に漏らしていたが、後任がなかなか見つからず、辞めるに辞められなかった」との見方を示す。

 例えば、現イオンリテール会長の岡崎双一氏は一時期、岡田社長の後継とみなされていた。イオンの課題は、祖業であり、8兆円を超える連結売上高の3~4割を占めながらも超低収益にさいなまれる総合スーパー事業の立て直しだ。イオンリテール社長に2015年に就任した岡崎氏はその期待を背負ったが、果たせなかった。

 19年3月1日付で、岡崎氏と、ショッピングセンターを運営するイオンモール社長の吉田氏、そしてイオン傘下のユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスの藤田元宏氏の3人がそろってイオン本体の副社長に昇格。前出とは別の小売業界関係者は、「形の上では岡崎氏も昇格した格好だが、これで事実上、吉田氏が“ポスト岡田”となる路線が固まった」と見ていた。吉田氏がデジタル事業担当を兼務となったことも、岡田社長の期待の強さをうかがわせた。

後継はイオンモールを担当
中国事業の黒字化を実現

 岡田社長は吉田副社長について、イオンモールでの経験を評価。「長期的な市場の変化と採算を予測して多額の投資をし、着実に仕事を仕上げていく」と褒めたたえた。赤字が続いた中国事業も、19年2月期に黒字化し14億円の営業利益を計上した。

 一方で、23年間トップを務めた自身や現在のイオンについて、「事業機会のチャンスの浪費癖があり、逃してしまう。決めない、踏み込まない、リスクを取らない傾向が強くなっていた」と、厳しく批判した。具体的にどのようなチャンスを逃したのかについては回答を避けた。ただ、衆目が一致するのはやはり、デジタル戦略の出遅れであろう。

 イオンは18年、米国で食品や日用品を扱うスタートアップ企業のボックスドに出資。またデジタル事業の研究開発拠点を中国・上海にオープンさせた。さらに19年にはイギリスのネットスーパーのオカドと提携した。ただ、目立った成果が上がっているとはいいがたい。例えば、オカドのノウハウを生かしたネットスーパーの売上高目標は、2030年に6000億円と遠い将来を見据えている。

 祖業のGMSが低収益に悩む中、イオンがグループの収益源として開拓してきたのが、イオンモールによるディベロッパー事業と、銀行やクレジットカードといった総合金融事業だ(下図)。

「大黒柱に車をつけよ」が岡田家の家訓。収益源の多様化は正しい手法なのだが、かといって多くの消費者の生活を支えるGMS事業からは容易に撤退できない。アマゾンなどデジタルの巨人が小売業に侵食するが、後継者も育たず、「決めない、踏み込まない、リスクを取らない」(岡田社長)社風が蔓延していたとすれば、その焦りはどれほどのものであったろう。

 満を持して就任が決まった吉田副社長。デジタル事業について、「特に強化したい。リアルとオンラインをどうやって融合していくか、社内で人材を集め、チームを作って対応する」と方針を説明し、長年の課題であるGMSの立て直しについては、「お客様のニーズと、現場の商品やサービスとの間にギャップがある。お客様の店になるように是正していく」と述べた。

傘下の事業会社で40代の若手を登用
ジュニアへの“大政奉還”の地ならしか

 では、30代半ばの“岡田ジュニア”こと岡田社長の長男・尚也氏の去就はどうなるのか。岡田社長はかつて、「世襲のメリットはない。創業者一族による世襲は自分限りで終わらせる」と断言していた。だが、この日は過去の発言に触れながらも、「そういうサクセッション(後継者育成)プランに私がいるのかどうかわからない。本人がどう考えるかもわからないので、答えようがない」と述べ、事実上の軌道修正を図った。

 尚也氏は外資系金融機関を経て15年にイオンに入社。フランス発祥のオーガニック食品スーパー、ビオセボンと合弁で設立したビオセボン・ジャポンの東京・中目黒の2号店が18年4月にオープンした際には店長を務めていたが、その約1年後の19年3月にはビオセボン・ジャポンの社長に一気に昇格した。

 近年、イオン傘下の事業会社では、40代の若手社長の誕生や幹部への登用が増えており、「40代でトップに立てるよう、尚也氏のイオン社長就任への地ならし」(前出の小売業界関係者)ともいわれる。急速なデジタル化という外部環境と、GMSの立て直しという長年の課題、そして創業家への大政奉還という将来に向けて、吉田次期社長の双肩にかかる期待の大きさは決して小さくない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ